2024年|広告

【2023-2026年】スター・ウォーズの最新作に関する情報

「スター・ウォーズ」の最新作・次回作に関する情報をまとめています。

今後公開される予定の最新作は4本です。

  1. 映画「The Mandalorian & Grogu」
  2. 映画「タイトル未定」
    「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の15年後の物語
  3. 映画「タイトル未定」
    旧三部作の25,000年前の物語
  4. 映画「タイトル未定」
    現在を舞台に帝国残党と新共和国で激化する戦いについての物語
あおや
あおや

この先では最新作4本のより詳細な情報を紹介!

スターウォーズ

「スター・ウォーズ」を視聴するならディズニープラスの一択。

ディズニープラスは作品の権利を持っているため、唯一追加課金なしの見放題。ほかでは配信されていない「スター・ウォーズ」オリジナル作品も多々配信されています。

「スター・ウォーズ」を見るなら登録しておけばOKです。

ディズニープラスに登録する
※年間プランなら2ヶ月分無料

dアカウント経由で登録する
※dポイント付与で実質1ヶ月無料

ディズニープラスとHuluを月額1,490円(税込)で利用可能なお得なプラン「Hulu | Disney+ セットプラン」もあります。

【参考】ディズニープラスのサービス解説
【参考】ディズニープラスの登録方法

本記事は新しい情報が入り次第、随時更新していきます

新作映画三部作の最新情報

「スター・ウォーズ」は新たに新作映画4本の制作を発表しています。

4本ともタイトルと公開日は未発表です。

The Mandalorian & Grogu

The Mandalorian & Grogu
画像: starwars.com
映画名『マンダロリアン&グローグ』
The Mandalorian & Grogu
公開日2025年?
主人公未発表
監督ジョン・ファヴロー

映画『マンダロリアン&グローグ(The Mandalorian & Grogu)』は劇場版となり、今年中に制作が始まる予定です。

監督はジョン・ファヴローが務めます。プロデュースするのは、ファブロー、キャスリーン・ケネディ、デイヴ・フィローニです。

「ジョージ・ルーカスが創造した豊かな世界を舞台にした物語を語ることが大好きでした。「マンダロリアン」とその弟子であるグローグを大スクリーンに登場させるということは、非常にエキサイティングなことです」

「ジョン・ファヴローとデイヴ・フィローニは、スター・ウォーズに2人の新しく愛すべきキャラクターを登場させ、この新しい物語は大スクリーンにぴったりです」

ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディ

詳細は発表されていませんが、上の画像は公開された写真です。

レイが主役の「スカイウォーカーの夜明け」の15年後

新作映画1本目
画像: 2023 Lucasfilm Ltd.
映画名未発表
公開日未発表
主人公レイ
(演 デイジー・リドリー)
監督シャーミーン・オベイド=チノイ

ファンがもっとも期待するのが、新三部作(エピソード7〜9)の主人公レイ(演 デイジー・リドリー)が主人公のものがたり。

新三部作は終了しもう登場しないかと思われましたが、再び登場することが発表されました。しかも、物語はエピソード9「スカイウォーカーの夜明け」の15年後の出来事。

あのあとレイはどんな生活をしているのか、現在の様子が描かれます。また、新たなジェダイ・オーダーとその力についても描かれると発表されています。

監督はパキスタン出身のシャーミーン・オベイド=チノイです。

エピソード1よりも昔を描く

映画名未発表
公開日未発表
主人公未発表
監督ジェームズ・マンゴールド

2本目は、エピソード1の「ファントムメナス」よりもはるか昔の25,000年前のものがたりです。

過去へとさかのぼった神話を描き、フォースを操る最初のジェダイについての話が描かれるようです。

これまで不思議だったジェダイの起源が描かれるということで、これもファン必見の映画となりそう。どうやってジェダイが誕生したのか?あのジェダイマスターのヨーダが896歳でしたから、それよりも遥か前の話でおもしろそう!

監督はジェームズ・マンゴールドで、過去に「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル」や「LOGAN/ローガン」の監督を務めました。

新共和国の時代の「現在」を描く

映画名未発表
公開日未発表
主人公未発表
監督デイブ・フィローニ

3本目は、新共和国の時代の「現在」を舞台にして、帝国残党と新共和国の間で激化する戦いについてのものがたりです。

『マンダロリアン』や『ボバ・フェット』、『アソーカ』とクロスオーバーしてきた物語のクライマックス、締めくくる作品になります。

上記3作品を見ている人にとっては欠かせない映画となりそうです。まだ3作品を見ていない人は、ディズニープラスで配信されていますので、ぜひ見てみましょう!(アソーカは8月配信予定)

監督はデイブ・フィローニで、彼は「マンダロリアン」をはじめとするオリジナルドラマシリーズやのアニメシリーズを手掛けてきた監督です。すべての映画の製作総指揮も務めます。

「Rogue Squadron」はキャンセル

Rogue Squadronはキャンセル

数年前に公開が発表されていた新作映画「ローグ・スコードロン/Rogue Squadron(原題)」が、ディズニーの公開予定のカレンダーから名前が消え、制作はキャンセルされました。

この映画は2023年12月22日(金)にアメリカで公開されることが発表され、戦闘機パイロットの活躍が描かれる予定でした。

しかし、撮影時期になっても撮影は開始されておらず、新たに3本の新作映画が発表されたこともあり、残念ながら制作は今後ありません。

スター・ウォーズ作品の視聴はディズニープラス

ディズニープラス

「スター・ウォーズ」(映画とドラマ)を視聴するならディズニープラスの一択です。

なぜならディズニープラスが作品の権利を持っているため、唯一、すべての作品を追加課金なしの見放題で配信しているからです。

ほかの配信サービスでも一部の「スター・ウォーズ」作品は配信されていますが、視聴するごとに追加課金が必ず必要になります。

ディズニープラスのサービス概要

ディズニープラス
画像:ディズニープラス
サービス名Disney+ (ディズニープラス)
月額料金【スタンダード】
月額制:990円
年額制:9,900円
【プレミアム】
月額制:1,320円
年額制:13,200円
お試し期間なし
作品数16,000本以上
最高画質【スタンダード】
Full HD
【プレミアム】
4K Ultra HD
作品ごとの課金なし
ダウンロード機能あり
ペアレンタルコントロールあり

Disney+ (ディズニープラス)は、月額990円〜(税込)の定額見放題で利用できる動画配信サービスです。

ディズニー公式が運営しており、以下6つのブランドに属する16,000本以上の作品が見放題。

配信中の6つのブランド
ディズニー/マーベル/ピクサー/スター・ウォーズ/ナショナル ジオグラフィック/スター
あおや
あおや

ディズニーなら「アナ雪」や「美女と野獣」のように、各ブランドさまざまな作品が配信中!有名で人気、定番作品の多くは配信されてます。

年間プランなら実質2か月分無料の15%OFF!

※ディズニーなどの最新情報やお得な特典を受け取れる「Disney DX (ディズニーDX)」を利用可能なdアカウント経由での登録はこちら。dアカウント経由での入会で、dポイントが990pt貰え実質1ヶ月分が無料になりお得です。

ディズニープラスとHuluを月額1,490円(税込)で利用可能なお得なプラン「Hulu | Disney+ セットプラン」もあります。

ディズニープラスのより詳しいサービス内容は以下の記事で解説しています。

「スター・ウォーズ」最新作の情報まとめ

スター・ウォーズの最新作まとめ

「スター・ウォーズ」の最新作に関する情報を紹介しました。

今後公開が予定されているのは下記4つの映画です。

  1. 映画「The Mandalorian & Grogu」
  2. 映画「タイトル未定」
    「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の15年後の物語
  3. 映画「タイトル未定」
    旧三部作の25,000年前の物語
  4. 映画「タイトル未定」
    現在を舞台に帝国残党と新共和国で激化する戦いについての物語

「スター・ウォーズ」の過去作品はすべてDisney+ (ディズニープラス)で見れますので、見たい人はぜひ利用してみましょう。

あおや
あおや

新たな情報が漏れてき次第この記事に追記しますので、定期的に覗いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました