「ロック・アップ / スペイン 女子刑務所」シーズン1 第4話の内容と感想

「ロック・アップ / スペイン 女子刑務所」シーズン1 第4話の内容と感想

女子刑務所を舞台にしたドラマ「ロック・アップ / スペイン 女子刑務所」シーズン1 第4話のあらすじ内容と、視聴を終えての感想について書いていきたいと思います。

前回のあらすじアナベルに頼んだ弁護士は使い物にならず、頼みを聞いてあげた代わりに、夜にあるもの(麻薬)を取りに行ってほしいと言われ、取りに行くものの、急遽行われた房内検査でいないことがバレ、麻薬所持もバレてそのまま独房へ行く羽目になるマカレナ。

独房から出た後は、母親と父親と面会。父親から「決断し、行動しろ」というアドバイスを受け取り、彼女はヨランダが殺される前にスレマが房に来て彼女を連れて行ったことを所長に伝えるのです…。

次に今回の第4話の簡単な要約は以下の通り。

マカレナはSIMカードのことを父親に話すものの、SIMカードは隠し場所から消える

スレマは独房から出るものの、危険な受刑者として生活区域を分けられる

パラシオス本人からの電話にリソスが適当に待ち合わせ場所を指定する

お金を返さないマカレナにアナベルは怒り、24時間以内に返せと脅す

父親は悩んでおり、自宅にいる様子を何者かが外から監視している

SIMカードはソレが盗み、一度は取り返すもののアナベルに盗まれる

パラシオスは待ち合わせ場所に行くものの、もちろん会わずに戻ってくる

携帯を使ってリソスがマカレナのためにお金を稼いでくれる

リソスが稼いだお金をアナベルんに渡しSIMカードを取り返そうとしますが、すでにサライに売ったそう

サライに返すように言うものの、まったく聞き耳を持たない

ファビオがパロマが死ぬ前にアドバイスしたことで悔やむ

↑ざっくり紹介するとこんな感じの内容になっています。

それでは詳しい内容のほうを書いていきます。

【関連記事】

ついにスペインの大人気話題作が日本でも配信に!!!ドラマ名は「ロック・アップ / スペイン 女子刑務所」。スペインでの正式なド...

※トップの画像元はGlobomediaになります
※この記事にはネタバレが含まれています



シーズン1 第4話の内容

マカレナは面会に来た父親と抱き合い安堵の表情を浮かべ、「警察に話すべきだ」と主張しますが、父親は「受刑者から脅されてるなんて言っても警察は動かない」と言います。父親は「お前は刑務所で生き延びることだけを考えろ」と話し、「今はシモン(不倫相手)がお前を騙したとわかってる」と言います。

 

亡くなったパロマの遺品を片付けイラついているファビオ。元同僚の警官はその遺品を持って部屋から出て行きます。

 

父親は「シモンの家へお金(100万ユーロ)を取りに行ったが、すでに奴は消えていた」と言います。「だから、すぐにここからお前を出すことはできない」と。(つまり保釈金を払えない)

マカレナは「違法だけど別の方法がある…」と言い、父親は「言ってみろ?」と尋ねます。すると、マカレナは殺されたヨランダの900万ユーロの話をし、その隠し場所のデータが入ってるとされるSIMカードを持ってると伝えます。そして、父親に「気を付けろ」と言われるマカレナ。

しかしその後、マカレナはSIMカードを埋めてある温室にある自分の区画に行って掘り起こすものの、そこにSIMカードはありません。看守のパラシオスがやってきてしまい、そこで所長の部屋に呼ばれます。

所長から「悪いニュースがある」と言われ、「仕返しを避けるためにスレマを独房に入れていたけど、残念ながら独房から出さなきゃならない」と言われるのです。

 

ファビオとパラシオスは夜10時から試合を見ると約束。そして、パラシオスは自分の携帯を(ファビオの)家に忘れたと言い、「今携帯を鳴らして確認してみる」と言います。

 

妊娠が発覚したテレは駄々をこねています。笑

 

所長曰く、スレマは規定に反する独房監禁だとして刑務所の管轄所に苦情を申し立てたそうで、所長もいま行なっている処置は侵害に値すると認識しているそう。よって「翌朝、彼女を独房から出す」と。マカレナは自分の命に危機感を覚えているのですが、刑務官が1人常につくということで「あなたの身に何も起きない(安心して)」と言われます。

そして、所長に「(死に関して)証言すればすぐに移され、特権を受けられる」と言われるマカレナですが、ポケットに入れている(パラシオスから盗んだ)携帯が鳴り出してしまい、動揺して落ち着かない様子に。

所長からも「落ち着いて」と言われ、「あなたの証言はスレマに対する殺人捜査に極めて重要だ」と付け加えられます。携帯を手で必死に抑えながらいるマカレナは「体調が悪い」といって部屋から出て行ってしまうのです…。

 

その後、マカレナはシャワー室のトイレの個室にやってきて、そこにリソスも誘います。そして、彼女にパラシオスの携帯を盗んだことを話します。(パラシオス本人から電話が掛かってきている)

リソスは面白がってその電話に偽名を使って出て、「バスの中で携帯を拾った」と適当に話します。翌日直接会って携帯を渡す約束をする二人。通話が終わると、マカレナはそのまま何も言わず急いで出て行ってしまいます。

 

房に戻ってきて、マカレナはアナベルに「温室(花壇)に隠してた携帯が盗まれて、誰か盗んだのか知りたいから監視カメラにアクセスできる?」と頼みごとをします。しかし、アナベルは「刑務官と肉体関係をもてば…」などと冗談を言い、まともに取り合おうとはしません。

「もういい、気にしないで」と呆れた感じのマカレナに対し、アナベルに近づいてきて「他の受刑者から電話を買うなんて。薬物のお金を返さないのね?友達だと思ってた」と怒り出し、「24時間あげるからお金を返して。さもないと大変なことになるよ…」と言いブチ切れ状態に。

 

マカレナの父親は納屋におり、銃を持ったりして精神が不安定。そんな旦那を見て駆けつけた妻。そして、息子もやってきて来て、娘のことで頭がいっぱいで怒鳴り散らす父親のなだめます。

(その納屋にいる父親の様子を外から何者かが監視しているのです…)

 

独房にいるスレマに食事が出されます。しかし、その食事の中に袋に入った携帯を見つけ、3つのメッセージが入っており、マカレナの父親やそこにいる息子と母親の写真と共に「簡単じゃない」というメッセージが。

(↑おそらく彼氏からの連絡)

 

夜、房で眠っているマカレナの顔にトイレットペーパーが投げ込まれます。広げてみると、そこには「お前に連絡できない刑務所はない。密告屋め」というメッセージが。興奮し動揺するマカレナですが、突然頭のなかに花壇での出来事を思い出し、隣で作業していた巨漢の女ソレがSIMカードを見ていたことに気がつくのです。そして、寝ている彼女の顔の前に置いてある物(SIMカード)をコッソリ取ろうとしたその時、彼女にその手を掴まれてしまうのです。

 

暗闇の中、マカレナとソレは会話。ソレはマカレナのことを娘のように思い、だからSIMカードを盗んだと告白します。マカレナは「お金はいくらでも持ってていいけど、ただ保釈金の分だけほしい」と言い出し、ソレは「私はお金が欲しいと思う?私は刑務所からは一生出れない。移植もないだろう」と言います。

続けて、「もしこのSIMカードを持てば、必ずお前にトラブルをもたらす」と言って、ソレはトイレに流そうとし、どうするかマカレナに問います。うなずくマカレナ。すると、ソレは便器にぽいっと落とします。ですが、すぐに気が変わりマカレナは便器に手を突っ込んでSIMカードを回収するのです。

「私は刑務所から出なきゃ」と言いますが、ソレは「お前は危険を冒している…」といってその場を去るのです。

 

ファビオらによって、スレマは独房から出て危険な囚人たちがいるエリアに移動させられます。他の受刑者とは話すことは許されず、皆が休んでいる時には働いて運動しなければなりません。

 

マカレナはシャワー室に入ってきて、アナベルを見つけるやいなや微妙な空気に。そして、彼女はトイレの個室に入って携帯に入っているSIMカードをヨランダが残したSIMカードに取り替えます。(シャワー室には刑務官の女性がやってくる)

しかし、SIMカードを取り替えた途端携帯の音が鳴ってしまい、慌てて音が漏れないように携帯を胸で押さえ、咳払いをします。音は鳴り止み、マカレナは隣のトイレに誰か入っていないか上から覗き見るのですが、誰も入っていません。ですが、そのさらに隣のトイレの個室では、壁に耳にあててアナベルが聞いていたのです…。

と、上から覗き見ている様子を看守に見つかってしまいます。そして、その看守は自分は新しい看守だと紹介し、マカレナに出てくるよう急かすのです。マカレナはSIMカードを外して服に隠し、携帯をBOXに隠してそのまま出て行き、早くシャワーを浴びるよう言われて服を脱いでそのままシャワーを浴びに行きます。

マカレナは更衣室のほう(椅子に置いてあるSIMカードが隠してある服)を度々チェック。すると、自分のタオルがなくなっていることに気づき、さらに更衣室へ戻ると自分の服まですべてなくなっているのです。

そして、トイレの個室に隠した携帯を取り、タオル1枚で房まで戻るのですが、その途中でサライに会ってしまい「密告屋!」と叫ばれ、まわりの人たちも含め大合唱に!

 

パラシオスは「携帯を取りに行くため少し抜け出す」とファビオに伝えます。

 

マカレナは看守に伴われて、備品係のリソスのもとへ行き着替えの予備をもらいます。その時に、マカレナはリソスに服がなくなった経緯に加えて、「アナベルの最終通告である2,600ユーロのお金を今日中に返さないといけない」と伝えます。

すると、「アナベルとのお金の貸し借りはダメ。麻薬をあなたのもとして仕立て上げられて、刑務所を出れなくなるよ」と。お金がないというマカレナに対し、リソスは「携帯があるじゃん。私がお金を手に入れてあげる」と言います。そして、マカレナは携帯をリソスに渡すのです。

リソスは更衣室にて、受刑者を列にして並ばせ、1人ずつ携帯で外部と連絡させる代わりに、時間に応じてお金を受刑者から取っていたのです。

 

一方、パラシオスはリソスが言った通りに待ち合わせ場所に到着し待っています。なかなか来ないため、パラシオスは公衆電話から自分の電話に電話。すると、リソスが出て「朝から息子を病院に…」と嘘をつき謝ります。パラシオスは心配しているようで、リソスに「電話できる時に以前かけた友人(ファビオ)の携帯に電話するよう」伝え、電話を切ります。

 

中庭にて、スレマは囲われている柵の中におり、その外には一般の受刑者がいます。早速やってきたマカレナに話しかけようとするスレマですが、ファビオに制止されます。一方のマカレナには常に看守がうしろについており、彼女は嫌な様子。

温室で作業しようとするマカレナですが、そこにタオルを盗まれたローザという受刑者がやってきて怒り出します。そして、マカレナは彼女から衣服を盗んだのはアナベルだったという情報を聞き、温室から急いで出て行くのですが、出たところでバスケをしていたサライに顔面をボールで当てられてしまうのです。

 

目が覚めると病室に。そこにリソスがやってきてこれまで520ユーロを稼いだと渡されます。

 

食堂ではスレマが一人で飯を食べるために座っており、ファビオはそれを監視。所長がやってきて、「パロマの旦那さんは精神的に大変な状態だ」ということを知らされ、パロマと話した時のことが頭によぎり、食事を片付けようとしていたスレマの喉を思いっきり突いて倒します。

 

マカレナは医師に「もう大丈夫だから行かせてほしい」というものの、医師は「確認が必要だ」と言って瞳孔を確認します。そして、胸の上のアレルギーでかぶれている箇所もチェックするといい、下着をつけていないマカレナはあえて医師の前で上半身裸になります。

そして、以前ソレたちが言っていた「医師は若い囚人に弱い」ということを思い出し、早く行かせてもらいたいがために、あえて誘うような感じで医師に話し、簡単な検査が終わったあと医師は「行っていいよ」と言います。そして、2人はいい雰囲気になり、「会う回数を増やすか?」という医師。(マカレナは嫌々対応)

 

更衣室にやってきたマカレナはアナベルを見つけ話しかけます。マカレナは少し稼いだお金(500ユーロ)を彼女に渡し、彼女が持っているSIMカードをもらおうとします。アナベルは急に優しくなり「また友達ね」と言いますが、彼女はSIMカードをサライに売ってしまったと言い出します。

と、そこにサライが入ってきてマカレナを大声でディスり始めます。マカレナは更衣室から出て行く際に、サライに「SIMカードを返して」というのですが、サライは「私がされたように(リソスのこと)、お前のものは全部奪ってやる」と言います。

 

パラシオスはファビオと話します。

ファビオは「パロマが殺される前に彼女と話しをした」と話し、「すべてを忘れて普通に生活しろ」と言ったと。でも結局殺されてしまい自分の間違ったアドバイスを悔やんでいるファビオ。「俺が黙ってろって言った挙句に殺された」と。パラシオスは「君がここを追い出されたらそれこそ大変だ」と言って興奮するファビオをなだめようとするのです。



シーズン1 第4話の感想

第4話もおもしろかったです(^ ^)

にしても、アナベルは嫌な奴ですね〜。同房で友達かと思いきや、やはりお金が絡むと人って180度変わります!「もう友達じゃない」とか、お金を返す誠意を見せると「また友達だね」とか、厄介な野郎なのは間違いないです。また、シャワー室ではタオルも服も全部持って行ってしまうという嫌がらせもなかなかです。

挙げ句の果てに、SIMカードをサライに売ったというまたまた面倒なことも!リソスが勝手にマカレナのことを好きなだけなのに、あたかもマカレナがリソスのことを好きだと思っている勘違い女サライも厄介極まりないです(笑)

「密告屋!」と大声で叫び、マカレナに対しては強気なのにも関わらず、リソスにはかなり弱気という。。。

マカレナはリソスが仲良くしてくれるのが唯一の救いです。彼女はそれなりの刑務所内でも強いですし、自らどんどん協力してくれますので、いっそのことこのまま付き合った方がいいのでは!?なんて思います♪

また、パラシオスから電話が掛かってきて嘘をつく感じや、瞬時に言い訳を言えるリソスはなかなか頭の回転が早い!あのお茶目な感じには段々とファンになってきてしまいますね^^;

 

一方、パロマが殺されファビオは後悔している様子。スレマのことをぶっ飛ばしてましたけど、今後彼もスレマの標的になるのでしょうか?また、スレマは外部にいる彼氏を仲良くしているということで、携帯を料理に隠したり、マカレナの房にトイレットペーパーを入れたり、刑務所内部にはまだまだスレマに協力している人間がいそうですので(刑務官!?)、その辺もどうなっているのか気になります!

また、看守のパラシオスは果たして携帯を取り戻すことができるのか?どのような形で彼のもとへ戻るのかは楽しみですね。

 

次回はどうなるのか不明ですが、SIMカードが大きな鍵になっていて、マカレナはどうしても敵対心丸出しのサライと関わらないといけませんから、一体どのようにして取り戻すのか?いっそのこと、リソスに頼んで取り返してもらえば良いのではないかと思いますけどね 笑

それならすぐに解決しそう…。

また、スレマの次なる行動と、マカレナの父親を監視している彼氏の行動にも注目です!

– – –

次回、第5話の内容と感想↓

女子刑務所を舞台にしたドラマ「ロック・アップ / スペイン 女子刑務所」シーズン1 第5話のあらすじ内容と、視聴を終えての感想に...



「ロック・アップ / スペイン女子刑務所」はHuluで独占配信中

Hulu

月額料金:933円(税込1,007円)
お試し期間:2週間(14日間)
配信作品数:5万本以上が見放題
オススメ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
– – – – –
Huluは海外ドラマ歴15年以上の私が一押しする動画配信サイトで、かれこれ7年の利用歴!
新作を最速で配信 & 面白い作品の独占配信がGoodポイントです♪
公式サイト:Hulu(フールー)

※こちらの記事は2019年4月時点の情報になります。すでに配信が終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

 

まとめ

シーズン1 第4話はいかがだったでしょうか?

次々と刑務所内では問題が発生し、マカレナはこの先やっていけるのでしょうか?心配になってきます。リソスが優しいですし、ソレも親切、外には頼りになる父親もいますので、何とかなりそうですが…。

海外ドラマの視聴なら

CTA-IMAGE 海外ドラマの視聴ならダントツで動画配信サイトのHulu(フールー)の利用をオススメします!

月額933円(税抜き)で、その他追加料金なしで登録されているすべての作品が無制限に見放題!

2週間のお試し期間もあって、一体どんな感じなのかを無料で体験することができるのです。もちろん、期間内はいつでもタダで解約可能♪

海外ドラマ好きな方は登録必須です↓

ロック・アップ / スペイン 女子刑務所カテゴリの最新記事