リックの現在地が判明!シーズン11で復活?映画で復活?【ウォーキング・デッド】

画像:AMC

「ウォーキング・デッド」シーズン11の1部(1〜8話)は日本でもすでに配信されており、2部(9〜16話)は2022年2月21日の15時から日本で配信開始

シーズン11が最終シーズンになるわけですが、この先のエピソードで主人公のリック・グライムズ(演アンドリュー・リンカーン)が再登場する可能性はあるのでしょうか?

この記事では、以下のことについて紹介していきます。

  • スピンオフ作品でリックについて言及
  • リックの現在地が判明!
  • シーズン11で復活!?映画で復活!?

シーズン11が絶賛配信中!

「ウォーキング・デッド」シーズン11の1〜8話は、現在、動画配信サービスの「Disney+ (ディズニープラス)」で独占配信中です。月額990円(税込み)で1万6000本以上もの作品が追加課金なしで見放題!2月21日の15時からは9話以降のエピソードも独占配信!

※ディズニーなどの最新情報やお得な特典を受け取れる「Disney DX (ディズニーDX)」を利用可能なdアカウント経由での登録はこちらから

この先はネタバレが含まれていますので注意してください

スピンオフ作品でリックの現在地が判明!

画像: Amazon

スピンオフ作品「ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド」シーズン2の配信が終了しましたが、そのなかでリックの現在地が判明しました。

結論から言うと、リックは市民共同体(Civic Republic)があるペンシルべニア州のフィラデルフィアにいます。

リックが最後にいたのは、バージニア州のアレクサンドリア(ワシントン寄り)。フィラデルフィアはそこから約240km離れた場所にあり、市民共同体軍の施設があるニューヨーク州のイサカからは約370kmの距離。

「ウォーキング・デッド」シーズン9で、ジェイディス(演 ポリアナ・マッキントッシュ)が呼んだヘリコプターによって連れ去られてしまったリック。

「ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド」で、ジェイディスは市民共同体軍(CRM)の准尉として登場し、リックのことについて、同じく市民共同体軍の軍曹ハック(演 アネット・マヘンドル)に以下のように語っています。

わたしは市民共同体軍に非常に価値あるものを与え、新しい人生を手に入れたんだ

具体的にリックの名前は出していないものの、この「非常に価値あるもの」がリックであると推測されており、その代わりに軍隊に入隊させてもらい、新たな人生を送っているということです。

ジェイディスによってリックは市民共同体に引き渡されたため、現在、リックは彼らがいるペンシルベニア州のフィラデルフィアいる可能性が極めて高い。

シーズン11でリックは再登場?映画で復帰?

画像:AMC

シーズン11でリックが再登場する可能性はあるのか?

これは推測ですが、リックが本家「ウォーキング・デッド」で再登場する可能性はないと思います。

家族のためにシーズン9の第5話で降板したリック。撮影や放送に関する具体的な話はまだありませんが、映画化の話は着実に進んでいるようで、そちらでの登場が濃厚です。

スピンオフ「ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド」や「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」では「市民共同体」自体は登場しているものの、彼らがいったいどんな生活を送っており、どんな奴らなのか、詳細に関してはなにも描かれておらず実像が見えません。

リックが描かれるなら市民共同体が描かれますし、逆に市民共同体が描かれるならリックも描かれるはず!

スピンオフで市民共同体が詳しく描かれてないことを考えれば、残るは本家「ウォーキング・デッド」で描かれるか映画で描かれるかになりますが、後者になる可能性が高いです。

そもそも映画が作られるなら、リックを本家に再登場させる必要はないわけです。なので、本家「ウォーキング・デッド」ではリック側(市民共同体)の物語は描かれず、映画でリックも市民共同体もまとめて描かれるのではないかと思われます。

まとめ

シーズン11でリックは再登場する可能性は残念ながら低いと思われます。

リックは映画に登場することがすでに決まっていますから、一度降板した本家「ウォーキング・デッド」で登場する意味はなく、映画で「リックのその後」が描かれずはず!

2022年も新たなスピンオフが放送されますし、シーズン11も完結。そして、翌年あたりには映画も公開されるはずなので、まだまだウォーキング・デッドの世界を楽しめそうです♪

シーズン11の最新情報は以下の記事に書いていますので、興味のある方はぜひ定期的にチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました