2024年|広告

「ウォーキング・デッド」シーズン11第19話のネタバレ内容と感想

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話

「ウォーキング・デッド」シーズン11第19話のネタバレ内容と感想を書いています。

19話も最初から最後までおもしろい展開の連続でした。ユージーンに焦点が当てられ、ある重要な決断をすることになります。

19話の日本最速配信は10月17日(月)から、動画配信サービスのDisney+ (ディズニープラス)でのみ配信されます。

シーズン11の視聴方法は?

Disney+ (ディズニープラス)

「ウォーキング・デッド」シーズン11 パート3は、Disney+ (ディズニープラス)の日本最速独占配信ですので、視聴するなら登録必須。余計な課金なしで見放題です!

Disney+ (ディズニープラス )は、月額990円(税込み)を払うことで、配信されている16,000本以上の作品が見放題になる配信サービスです。

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

※ディズニーなどの最新情報やお得な特典を受け取れる「Disney DX (ディズニーDX)」を利用可能なdアカウント経由での登録はこちらから

ネタバレ内容が含まれていますので、見たくない方はご注意ください

第19話の内容

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

予告編になります↓

第19話は、セバスチャン殺しの容疑者となったユージーンの物語がメインでした。

ダリルたちは、ユージーンらを連れてコモンウェルスから脱出を試みようと計画。しかしユージーンは、行方不明の恋人マックスを残して逃げれないと。

ほかにも、コモンウェルスに残る決意をしたエゼキエル、マーサーと交際しているもののコモンウェルスを離れることに決めたプリンセスなど、「残る者」と「去る者」との別れも描かれています。

■セバスチャン殺しの容疑者になったユージーン

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

騒動の最中、ユージーンは一緒に逃げていたマックスを見失う。そこにダリルがやってきて、ユージーンを連れて教会に避難。ユージーンは、セバスチャン殺しの容疑者であると住民に知られている。

■移民者たちを捕まえ尋問する

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

セバスチャンの遺体を前に、パメラは後悔の弁を述べる。パメラはマーサーに、妹を助ける代わりにユージーンを捕まえるよう指示。さらに、ユージーンと一緒に暮らしていた移住者や関係する人間を捕まえるよう指示し、多くの人が連行されてしまう。

連行されたロジータはマーサーから尋問を受ける。暴動の前にユージーンと会話したことを話す。マーサーはロジータのことを尊敬していると話し、ユージーンに自首するよう言ってくれと頼む。そうしなければ状況はもっと悪くなると。

■逃げる前にマックスを探す約束

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

ダリルとユージーンが隠れている教会にロジータがやってくる。

夜明けにコモンウェルスを脱出する計画。しかし、ユージーンは恋人マックスを置いていけないと言い、自由に行動できないユージーンに代わりにロジータが彼女を見つけることを約束

外では、パメラが放送を使って息子を殺したユージーンに関する情報を呼びかけている。

■セバスチャンにとどめを刺すパメラ

パメラは死んだセバスチャンの遺体に寄り添いながら言葉をかける。

しかし、セバスチャンはウォーカー化してしまい、パメラは兵士にとどめを刺すよう言う。

■捕まってしまうマックス

夜、家の裏に隠れていたマックスは、歩いてくるロジータを見つけるも、会話することなく巡回していた兵士たちに捕まってしまう。

マーサーは妹マックスと話す。マックスは、住民に向けて用意された弁解の原稿(うつ病で薬を…)を読むよう言われるも、自分の思っている言葉じゃないと拒否。

マーサーは妹マックスを救うためにやっている。一方、マックスは助けてくれたユージーンやこの街を救うために行動していると話し、真実を話すべきだと兄に主張する。

■アーロンらは街に避難

画像: AMC

荷馬車に食料物資を乗せて森を進んでいるアーロンたちは、ウォーカーの群れを目撃する。しかし、早くオーシャンサイドに物資を届け、アレクサンドリアへ向かう必要が。

途中、荷馬車のタイヤがはまり、なんとか押して脱出。無事に抜け出すも、その勢いでタイヤがジェリーの膝をひいてしまい怪我をしてしまう。すぐ先にある壁に囲われた街に逃げ込む。

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

夜、アーロンとリディアは監視台で監視。アーロンは、リディアとイライジャの恋仲を気遣う。リディアは、ヘンリーのことで恋愛に前向きになれない様子。アーロンは、死んだ恋人エリックとの思い出&後悔を語る…。

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

その会話中、外ではウォーカーが壁をよじ登り始めていた…。

■ユージーンの性格

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

ユージーンは、マックスを探しにこっそり抜け出そうとするもダリルに見つかる。ダリルはユージーンの性格をよく知っている。ユージーンは自分のことを「臆病」だと思っているが、一方のダリルは「頭がいい」と思っている。

■エゼキエルとプリンセスの会話

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

エゼキエルはプリンセスに、ダリルたちは夜明けにユージーンらを連れて脱出すること、コモンウェルスに残ることを伝える。プリンセスは信じられない様子だが、エゼキエルは残る決意は揺らがない

■パメラとホーンズビー

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

拘束されているホーンズビーのもとに怒ったパメラがやってくる。

パメラは自分の息子が死ぬ原因を作ったのは、ホーンズビーのせいだと知っている。ホーンズビーは、そんな意図はなかったことを伝え、自分はこれまでパメラ家のために活動してきたと必死に訴える。

パメラはコインゲーム(ギャンブル)を始める。両手どちらかにコインが入っている。もしホーンズビーが入っているほうを選んだら生きていられる。ホーンズビーは当たりを選択しホッとする

パメラは部屋の外からウォーカー化したセバスチャンを連れてくる。そして、清掃員らを殺したホーンズビーの手下の遺体も部屋に。

■プリンセスとマーサーの別れ

コモンウェルスを離れてほしくないマーサー。プリンセスはユージーンの件で離れるという。マーサーは全力を尽くしていることを伝えるも、プリンセスは自分の(過去の)家族の出来事を持ち出し、出ていく決意は変わらないと話す。

■ウォーカーの群れに対処するアーロンたち

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

夜、アーロンとリディアが外で焚き火をしていると、遠くから金属音が聞こえる。

ウォーカーの群れが敷地内に侵入していることがわかり、アーロンとリディアは対処することに。しかし、うまく対処できず隙を見て撤退、イライジャとジェリーを起こして2人も参戦。ウォーカーの数が多く、家に避難する。ドアの外にはウォーカーの群れだらけ。ウォーカーがドアノブをまわしていることに気づき、アーロンはウィスパラーズ(囁く者たち)が紛れていると推測する。

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

全員が屋根に登り、リディアとイライジャは飛び降りて逃げる。怪我をしているジェリーとアーロンは残るも、ウォーカーが一体だけ壁をよじ登ってくる。最終的にアーロンが揉み合いの末に殺す。マスクを外しても普通のウォーカーでウィスパラーズではない。「ウォーカーがこんなことをするか?」と驚くアーロン。

アーロン曰く、壁を登ったりするウォーカーの話は以前聞いたことがあると。おそらく、生きている頃の記憶が残っていて、そのような行動をすることもあるのだとか…。

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

一方、リディアは出発の準備をしているイライジャにキスをする。リディアは昨夜のアーロンの話を聞いて前向きになれた様子。そして、彼らは出発する。

■ユージーンは残る決意をし自首する

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

ユージーンとダリルが隠れる教会に来たロジータ。

マックスは捕まり一緒に来れないとユージーンに報告。ダリルらは出発しようとするも、ユージーンは「お別れをいう時がきた」と言う。ロジータは必死にユージーンを説得するも、気持ちは変わらない。ユージーンはロジータの娘ココのために、首にかけていたペンダントを渡す。

ユージーンは兵士の宿舎へ行き自首する。マーサーの前で、自分がセバスチャンの言葉を録音しイベントで流したこと、すべて自分ひとりで行動したと告白。

拘束されているマックスは、マーサーからユージーンが自首したと報告を受け、ユージーンは独房へ入れられてしまう。

自宅で出発準備をするロジータは、ユージーンからもらったペンダントを見て微笑む。自宅のドアが開く音が聞こえ、お迎えに来たのかと思いきや、やってきたのは見知らぬ男。抵抗するロジータだが、そのまま彼らに捕まってしまう。

第19話の感想

ウォーキング・デッド シーズン11 第19話
画像: AMC

19話もとてもおもしろかったです。

物語はスピーディーに進み、しっかりクリフハンガーで終わるのは素晴らしいです。続きを早く見たくなるような結末は、ドラマに必須の要素といえます。

■ユージーンの決断

さて、19話では殺人犯となったユージーンに焦点が当てられていました。ダリルは逃げる計画を立てるものの、当の本人は恋人マックスがいないと逃げないと駄々をこねる。自分の命よりも恋人を優先するユージーン。心から好きな人ができてよかったです(笑)

ユージーンは、登場した頃(自分の命が第一)と比べるとだいぶ変わりました。他人のために行動できるようになったのは大きな成長です。

キャラクターの気持ちの変化も「ウォーキング・デッド」の大きな魅力!

最終的に自首することになりましたが、死刑は免れそうです。一体どうやってこれを乗り越えるのかは次回以降の見どころ。

■ロジータに一体なにが!?

最後、ロジータは何者かに捕まってしまいます。

これは間違いなく諜報部員の奴ら、つまり、ホーンズビーの手下である可能性が高いです。

パメラのお許しを得て、ホーンズビーは解放?されました。今後は彼の復讐劇が始まるでしょうから、その第一歩としてロジータは捕まったのだと思います。ユージーンが自首しているにもかかわらずこのような事態になるのは、ホーンズビーによる復讐しかなさそうです…。

順調そうだったコモンウェルスが崩壊寸前になった理由は、アレクサンドリアからの移住者のせいもあります。パメラもホーンズビーもそう理解していると思いますから、これからコモンウェルスの上層部の人間 vs 移住者の戦いが勃発しそうで、また一悶着ありそうです。

■ウィスパラーズの再登場!?

壁をよじ登ったり、ドアノブをまわす、変異体のようなウォーカーが出現しました。ウィスパラーズ(囁く者たち)かと思いきや、ただのウォーカー。さすがにウィスパラーズはもう出てこないですよね 汗

アーロン曰く、生存していた頃の記憶が残っている…と話していましたが、そんなことあるのでしょうか?笑

正直、変異体だったら、それはそれでおもしろかったのですが・・・

■残る者と去る者

ドラマが完結するまで、あと残り5話。

この町に「残る者」と「去る者」にわかれる雰囲気です。

近代的な生活を送れるコモンウェルス。ここでの居心地が良くなったり、仕事に就いたり、恋人ができたり。エゼキエルは居心地が良くなり、すでに残ることに決めています。兄がいて仕事もあるユミコも残る可能性が高いです。恋人のいるプリンセスは去る決意、同じく恋人のいるユージーンは残る予定。

このコモンウェルスは、アレクサンドリアからの移住者たちがバラバラになる分岐点になりそうです。

まだまだ残り5話あるので、それぞれ考えが変わる可能性はありますが、誰が残り、誰が去るのか?また、そこに至るまでの決断が、残りのエピソードの見どころですね。

ダリルはスピンオフ作品に登場するので去るでしょうし、マギーやニーガンもスピンオフ作品があるので去るでしょう。

次回、20話の予告編、内容・感想はこちら↓

第19話の撮影裏写真

いつも楽しそうに撮影していますね♪

長年続いてきたシリーズ。それもあと少しで完結ですからねぇ。。。

まとめ

「ウォーキング・デッド」シーズン11第19話の内容と感想を書きました。

シーズン11のパート3は、Disney+ (ディズニープラス)の独占配信。Huluなどほかの動画配信サービスでは一切観れませんので、視聴するならぜひ登録しましょう!

※ディズニーなどの最新情報やお得な特典を受け取れる「Disney DX (ディズニーDX)」を利用可能なdアカウント経由での登録はこちらから

Disney+ (ディズニープラス)

タイトルとURLをコピーしました