2024年|広告

「ウォーキング・デッド」シーズン11第20話のネタバレ内容と感想

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話

「ウォーキング・デッド」シーズン11第20話のネタバレ内容と感想を書いています。

20話の日本最速配信は10月24日(月)から、動画配信サービスのDisney+ (ディズニープラス)でのみ配信されます。

シーズン11の視聴方法は?

Disney+ (ディズニープラス)

「ウォーキング・デッド」シーズン11 パート3は、Disney+ (ディズニープラス)の日本最速独占配信ですので、視聴するなら登録必須。余計な課金なしで見放題です!

Disney+ (ディズニープラス )は、月額990円(税込み)を払うことで、配信されている16,000本以上の作品が見放題になる配信サービスです。

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

※ディズニーなどの最新情報やお得な特典を受け取れる「Disney DX (ディズニーDX)」を利用可能なdアカウント経由での登録はこちらから

ネタバレ内容が含まれていますので、見たくない方はご注意ください

第20話の内容

予告編はこちらです↓

■異変に気づくキャロル

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

出発準備をしているキャロルのもとにエゼキエルがやってくる。会話をして振り返ると、エゼキエルは突然いなくなってしまい、異変に気付いたキャロル。すると、見知らぬ男2人が部屋に入ってきてキャロルは反撃、走って外へ逃げる。

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

キャロルは男たちをやり過ごし、ダリルのもとへ向かう。しかし、物が散乱しており、地面には血が付着している。

倉庫のなかでは、ダリルは男と揉み合い殺されそうになっている。キャロルがやってきて背後から男を殴りダリルは助かる。殴られた男はウォーカー化した男に噛まれて死んでしまう。ダリル曰く、どうやら子供を含め全員拉致されてしまったらしい…。

■異変に気付いたユミコがパメラのもとへ

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

パメラは数人の住民たちと意見交換。

その場に、仲間が拉致られているとユミコが怒ってパメラに詰め寄る。パメラ曰く「友達はコモンウェルスから取り除かれる」という。パメラは公正な裁判をユージーンに受けさせると言い、コモンウェルスの法律に従い、ユミコにユージーンを起訴するよう求める。嫌悪感を抱くユミコに対し、パメラは「あなたの行動は兄弟に影響する」と、兄弟を利用して脅す。

■ホーンズビーを探すことにするキャロルたち

拉致したのはコモンウェルスの兵士ではなく、パメラが命令した人間だという。キャロルは「ホーンズビーはコモンウェルスの黒い部分をすべて知っている」と言って彼に会いに行く。しかし、居場所は知っているものの、そこへ行くのは簡単ではないとのこと。

■兄トミーを訪ねるユミコ

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

ユミコは病院にいる兄トミーと話す。

・パメラの命令で仲間が拉致されていること
・仲間がコモンウェルスから取り除かれること
・自分がユージーンを起訴すること

上記のことをを伝えるも、兄トミーは、パメラが望むことを叶えるのがベストだという…。

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

帰り際、ユミコは病院の廊下でコニーに話しかけられる。

コニーは、拉致しにきた男の脚を突き刺し、彼を追いかけてここ(病院)にやってきたそう。その男は隣の部屋で怪我を治療しており、ユミコが部屋を覗くと確かに男が治療を受けている。治療が終わったその男を追跡すれば、仲間達が監禁されている場所に連れて行ってくれると考え、警戒されていないユミコが追跡することに。

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

処置が終わり、街に出た男を追跡するユミコ。男を見失ってしまうも、突然目の前に男が現れる。男は自分が追跡されていることに気づいているようで、ユミコも気づかれたと焦る。

■ホーンズビーの牢屋へ

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

ダリルとキャロルはホーンズビーのいる牢屋へ向かう。

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

部屋に入ると、彼とウォーカー化したセバスチャンが。ダリルはセバスチャンにとどめを刺し、ホーンズビーにナイフを突きつけ仲間の居場所を聞き出そうとする。彼が場所を教えてくれるというので、一緒に連れて行くことに。3人は脱出を図るも、兵士らと銃撃戦が発生。ホーンズビーとキャロルは2人で先に脱出し、ダリルは銃で応戦して時間をかせぐ。

■パメラが牢屋へ

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

パメラは新しい秘書となったキャサリンに、夜行われる記者会見の段取りを説明。電話が鳴り、パメラはホーンズビーのいた牢屋へ向かう。無惨にも殺された息子セバスチャンの姿があり、そこにホーンズビーが持っていたコインが落ちている。パメラはコインを拾い、憎むような顔をする。

■外でキャロルとホーンズビーは行動

キャロルとホーンズビーは草原を進む。なにか企んでいるのではないかと疑うキャロル。しかし、ホーンズビーは何もないと言う。兵士たちが運転するバイクとジープがやってきて、それらをやり過ごす。

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

夜、あたりは真っ暗になり、キャロルとホーンズビーは古い建物のなかを進む。地面にいたウォーカーがホーンズビーの足を掴み彼はパニックに。キャロルが殺すも、奥からウォーカーが複数やってくる。持っていたライトを落としてしまい、ウォーカーが見えない。キャロルは銃を乱射してなんとか対処することに成功。2人は走って建物から脱出し、森のなかを走る。

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

しかし、暗闇から兵士たちが突然現れて捕まってしまう。すると、背後からダリルが兵士たちに向けて銃を乱射して全員始末。

■記者会見でのユミコの行動

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

記者会見が始まる前、パメラはユミコに話しかける。昼間、ユミコが男を追跡していたのを知っており、コニーは捕まってほかの拉致された人たちと一緒にいる、とパメラは話す。

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

記者会見が始まり、セバスチャンを殺した件で裁判を行う旨を発表。起訴人としてユミコの名前が呼ばれ登壇する。登壇するところで近くにいた兵士の無線に連絡が入る。部隊は殺され、ダリルら3人は逃げたと。それを聞いて登壇するユミコ。

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

ユミコはスピーチを始め、最初はパメラの意に沿って話す。途中、会見に出席している兄に感謝したい、と兄トミーを紹介。彼はいつも自分やコモンウェルスのためにベストを尽くしてくれたと。この機会に感謝を伝えたかったと。

スピーチを続けるユミコ。自分は正義を追求すると話し、ユージーンを弁護する意思があることを発表。コモンウェルスやパメラ・ミルトンに不正義にも間違って訴えらえるユージーンを守ると。「法廷で会うことを楽しみにしてる」と言い残し会場を去る。

■ホーンズビーの死

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

仲間が監禁されており、見張りもいる建物を遠くから見るダリルたち。

会話のなかで、ホーンズビーは線路について言及し、物資を運ぶ列車が通るルートは知っている、と話す。キャロルは「コモンウェルスは動く列車を持っているの?」と驚く。

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

ホーンズビー曰く、それは計画のひとつで、コモンウェルスのリーチを広げ、アレクサンドリアとオーシャンサイドみたいにコミュニティとコミュニティを繋げるためのものと語る。

会話のあと、ホーンズビーは自分はもう用無しであると悟り、必死に自分の必要性を訴える。しかし、ダリルやキャロルは、彼が言及した列車を手がかりに仲間を見つけると話し、彼はもはや不要。

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

ホーンズビーは歩き出し、兵士たちが乗ってきたジープに置いてある銃を掴みダリルたちを撃とうとする。しかし、キャロルが放った矢が首に突き刺さりそのまま死んでしまう。

■拉致された者たちはどこかへ移動

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

捕まった者たちは、トラックに揺られながら、全員注射を打たれて意識を失ってしまう。夜、彼らが乗ったトラックの車列は、森のなかを進みどこかへ向かう…。

第20話の感想

ウォーキング・デッド シーズン11 第20話
画像: AMC

20話もまぁおもしろかったです。

やはりパメラは移住者たちを敵視し、全員を排除することにしました。

移住者たちは、ダリルとキャロルとユミコを除いて全員拉致され、トラックでどこかへ連れて行かれました。あのあと列車に乗ってどこか遠くへ移送されてしまうのか?

一方、コモンウェルスではユージーンの裁判がどうなるのか気になります。起訴するはずだったユミコは、会見でユージーンを守ると発表しました。彼女がついていれば安心できそうですが、裁判はコモンウェルスで行われるため、パメラの影響力は無視できません。

思い切った行動に出たユミコも事前にパメラに忠告されていましたから、兄トミーには何か悪影響がありそうです。この裁判の行方は次回のお楽しみ。

20話で特に言及したいのは以下3つ。

  • 列車の存在
  • ユミコとトミーの本名
  • ホーンズビーの死

ホーンズビーは死んでしまいましたが、「物資を運ぶルートは知っている」と話し、列車の存在を明かしてくれました。そう言えば、ユージーンらが最初にコモンウェルスに捕まったのは列車基地でしたし、監禁されていたのも列車でしたね。

ただ、今回判明したのは「動く列車」の存在です。

動く列車があるなら、それは遠くまで繋がっていて、遠くまで行けるということ。動く列車の存在で一気に「ウォーキング・デッド」の世界が広がった気がします。コモンウェルスはほかのコミュニティとつながっており、シリーズ完結まであと残り4話というところですが、ものすごい可能性を広げてくれました。

どう考えても、本家「ウォーキング・デッド」では描ききれないでしょうから、それは今後配信予定のスピンオフ作品で描かれることでしょう。もしかすると、その列車に乗ってダリルやマギー、ニーガンらは遠くへ移動するのかもしれません。動く列車の存在はワクワクさせてくれます。

今回のエピソードでは、ユミコとトミーの本名が判明しました。

  • ユミコ・オクムラ
    (Yumiko Okumura)
  • トミイチ・オクムラ
    (Tomiichi Okumura)

ユミコの名前は日本語名でしたが、トミーはてっきり日本語名ではないと思っていました。ところが、2人とも姓名が完全に日本の名前なことに驚きました。移住した日本人なのか?2世なのか?ただ米国で生活しているだけなのか?

漢字だと、奥村由美子とか奥村富一とかになるんですかね?笑

記事執筆当初は「オクムラ」ではなく「オカムラ」と書いてしまいました。訂正です。

気になるのは、わざわざここで本名を晒した意図です。別にユミコとトミーのままでもよかったと思いますが、なぜファミリーネームやトミーの本名をここで明らかにしたのか。

もちろん、記者会見という正式な場での名前の言及だから、というのは分かりますが、それでもフルネームを公開した理由は何かある気がします…。

「ウォーキング・デッド」では過去に「日本」に関するものが言及されていましたね。以前、ミショーンが船のなかで見つけたスマホに、日本語で「もう少し信じてみて」の文字が書かれており注目されました。

この時も一体なぜ日本語が書かれていたのか不思議でした。

なにか意味があるのか?それともただのサービスなのか?

この答えは現在のところわかりませんが、この先で答えが分かりそうにもないので、おそらくサービス精神で何の意味もなく「日本」に関連するものを出しただけの可能性が高いですね。

次回、第21話の予告編、ネタバレ内容・感想は以下の記事に書いています。

第20話の撮影裏写真

まとめ

「ウォーキング・デッド」シーズン11第20話の内容と感想を書きました。

シーズン11のパート3は、Disney+ (ディズニープラス)の独占配信。Huluなどほかの動画配信サービスでは一切観れませんので、視聴するならぜひ登録しましょう!

※ディズニーなどの最新情報やお得な特典を受け取れる「Disney DX (ディズニーDX)」を利用可能なdアカウント経由での登録はこちらから

Disney+ (ディズニープラス)

タイトルとURLをコピーしました