2023年|広告

【ダリル・ディクソン】シーズン1 第6話のネタバレ内容と感想【ウォーキング・デッド】

「ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン」シーズン1第6話

『ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン』シーズン1第6話のネタバレです。

ダリルは注射を打たれて凶暴化したウォーカーとどう戦うのかが大きな見どころ。最終話ということで、シーズン2にどのように繋がるのか要注目です。

ダリル・ディクソンの視聴方法

動画視聴

『ダリル・ディクソン』は10月20日からU-NEXTで独占配信されています

✅唯一配信!ほかでは視聴不可
✅31日間の無料トライアルあり
✅配信作品数が30万本と国内最大級

こちらはU-NEXTの独占配信となるため、ほかでは一切視聴できません。ディズニープラスやHulu、Netflixなどでも視聴不可です。

無料トライアルで観る【U-NEXT公式】
※期間中の解約は無料

【参考】1分簡単!U-NEXTの登録手順を解説
【参考】U-NEXTの料金やメリット・デメリット

この先はネタバレが含まれていますので注意

『ダリル・ディクソン』シーズン1 第6話のネタバレ

画像: AMC

前回のクリフハンガーで終わった場面からの続きです。

ダリルはジェネットらに捕まり、群衆が見守るなか広場でウォーカーと決闘させられます。相手にするのは普通のウォーカーではなく、注射を打たれ凶暴化したウォーカー。

6話の内容まとめは以下になります。

  • ダリルは凶暴化したウォーカーを殺害。クインも決闘に参加させられるも、噛まれて死亡。ファロウの助けもあり、イザベルやローランも逃げて全員無事。隠れ家(モン・サン=ミシェル)へ向かう
  • ジェネットの指示のもとコドロンらはダリルたちを捜索。無事見つけるも、子供を殺すことに耐えられなかったコドロンは仲間の兵士たちを射殺。ダリルたちを見逃す。しかし隠れ家がモン・サン=ミシェルであることはバレる
  • ダリルらは無事隠れ家(モン・サン=ミシェル)に到着し歓迎される。イザベルやローランは居心地よさそう。ダリルは住人に銃の使い方を教える
  • イザベルやリーダーのロザンに引き止められるも、ダリルは船が着く場所に向けて出発。沖合に船を見つけるも、ローランが追いかけてきて戸惑う
  • アメリカにてダリルのバイクに乗っている男を捕まえ、バイクを交換したキャンプ地を聞き出したキャロルは、ひとりバイクに乗ってそこへ向かう

最終話ということで、一体どのようにしてシーズン2に繋がるのかが大きな見どころ!

凶暴化したウォーカーとの決闘から、一番最後のキャロル登場まで目が離せない内容になっています。途中、脚本の甘さが目立ちますが、キャロル登場でそんなものは一気に吹き飛びます(笑)

ダリルvs凶暴化したウォーカーの決闘

画像: AMC

ダリルは、ジェネットらが開発した成分を注射され凶暴化したウォーカーと決闘します。

戦いは優位に進みます。巧みに斧を扱い、これまでの戦闘経験を活かしてあっという間にウォーカーを制圧。斧の尖った先で壁に押し付け動かなくさせます。しかし突き刺したところが酸化して溶けはじめ、ダリルの手元が火傷しそうになるのです。

画像: AMC

凶暴化したウォーカーは、突き刺してる斧から自力で脱出し、再びダリル目掛けて襲い掛かります。武器を失ったダリルは、掛けてあって旗を抜いてその棒でウォーカーの頭を突き刺し始末するのです。

あおや
あおや

さすがはダリル!長年の戦闘経験により意外とあっさり始末!

画像: AMC

一回戦が終了し二回戦目に突入。

決闘場所にやってきたのはクイン!彼とダリルは手首をチェーンで繋がれ、それぞれに新しい斧を与えられます。そして今度は複数のウォーカーが入場し、そいつらに向かって凶暴化させる注射が打たれるのです。しかし注射には当たり外れがあるようで、そのまま自滅する奴もいれば、同じウォーカーに襲いかかる奴もいます。

画像: AMC

ダリルとクインは協力して残りのウォーカーを対処。2人とも噛まれそうになるも、なんとかすべてのウォーカーを倒すことに成功します。

あおや
あおや

2人の協力プレイはお見事!あの注射は試作品みたいですね!

画像: AMC

二回戦目が終わり、三回戦目に。

ショーは終わり、ジェネットは手下たちに銃で殺すよう指示。しかし熱狂する群衆のなかにファロウたちが混じっており、彼がサブマシンガンで銃を撃とうとしている奴を始末。銃声を聞いて群衆たちは逃げ惑い、ジェネットらも避難するためその場を離れます。ダリルとクインはチェーンで繋がれたままその場を離れるのです。

画像: AMC

個人的には少しがっかりな格闘でした。あれだけクリフハンガーで終わったのなら、もう少し凶暴化したウォーカーは強くてもよかったです。何か特殊な攻撃をしてきたり…。あれだけ煽っておいて、そんなに強くないということで拍子抜けしてしまいました。あのレベルなら、これまで外で生きてきた人間であれば簡単に対処できますよね。

クインの死とローランの成長

画像: AMC

ジェネットらに捕まっているイザベルとローランは、そのまま牢屋に入れられてしまいます。しかし、イザベルは修道女になる前の特技を活かし、密かに牢屋の鍵を盗んでおり、見張りがいないことを確認し、そのまま鍵を開けてローランと逃げます。

一方、格闘場所から逃げる途中、ダリルはクインがウォーカーに噛まれていることに気づきます。クインは次第に体調が悪くなり、イザベルのことを少し話し自ら死を覚悟します。ダリルはクインの手首を斧で切断し、チェーンで繋がっていた2人はバラバラに。

画像: AMC

クインは兵士たちに突っ込んでいき、その隙にダリルは外へ逃げます。外にはファロウたち仲間が。ダリルは再び建物内へ戻ってイザベルとローランの捜索。すぐに2人は見つかるも、鉄のドアがあって通り抜けられない。

ちょうどそこにウォーカーになったクインがやってきてイザベルを襲い始めます。ダリルはローランに武器を渡し「彼女を助けろ!」と言うもののローランは躊躇。いよいよイザベルが噛まれそうになるとついにローランはクインを殴って殺し救うのです。

その頃、ジェネットはダリルを殺すよう手下に命令します。弟を殺され復讐したいコドロンも一緒にダリルの捜索に向かう…。

画像: AMC

まさかここでクインが死ぬとは驚き。イザベルとの最期の会話があっても良かった気もしますが…。

それにしてもローランは一歩成長しました。生まれてからこれまで修道院のなかで過保護に大切に育てられた温室育ち。武器も扱えなければ戦闘能力はゼロ。そんなローランがイザベルを救うために、ウォーカーといはいえ実の父親を殺さなければならない。はじめてローランが「殺し」をした瞬間です。殺したことに少しショックを受けているようですが、わりとすぐに悟っていましたね。今後、外の世界で生きていく上で大事な経験でした。ダリルみたいに強く立派になってくれることを祈るばかりです。

コドロンらに捕まり絶体絶命!

画像: AMC

安全な場所へやってきてダリルたち。

窮地を救ってくれたファロウたちとわかれ、ダリルたちは車に乗って隠れ家があるモン・サン=ミシェルへ向かいます。ところが向かっている途中で車の調子が悪くなり修理することに。

修理中、ダリルはイザベルと会話。ダリルはおじいちゃんは戦争のためここフランスで死んだという。そしてローランの成長が早いという話や、最初はダリルを危険人物だと思っていた、などを話します。

ダリルは車の下に潜り修理。イザベルは「嘘をついた」と話します。

ダリルが漂着する10日ほど前に特別な子ローランが描いたとされるあの海岸の絵。実はダリルが修道院にやってきたあとにローランに描いてもらったと告白するのです。ダリルに助けてもらうため嘘をついたと。愚かだったと。ダリルは苦笑いしながらも、自分は絵のためにここにいるわけじゃないし…と気にしていない様子。

作業中のダリルはイザベルに「大きなレンチを取って」と頼みます。しかし返事がなく、車の下から出ると、そこにはコドロンがおり、レンチで殴られ殺されそうになります。

ダリルが必死に殺さないよう訴えます。兵士たちは「まずは男の子から」だといい、イザベルはやめるよう叫ぶのです。するとイザベルはナイフで兵士に刺されて倒れ込みます。コドロンが銃を向け殺そうとするも、なんと自分と一緒に来た兵士たちを全員殺してしまうのです。

画像: AMC

そして銃を下ろしダリルに向かって「次のときだ、ディクソン」と。時計を拾い、隠れ家がモン・サン=ミシェルであることを知るコドロン。「トラックを燃やせ。でないと追跡しやすくなる」と言い残しその場を立ち去るのです…。

画像: AMC

ジェネットに報告するコドロン。しかしすぐに嘘が見破られてしまい、コドロンは「兵士たちが子供を殺すといって、俺はできなかったから手下どもを殺した」と言います。そして隠れ家がどこかと聞かれるも答えないコドロンは、ジェネットの命令により兵士たちに連れていかれてしまう。

画像: AMC

絶体絶命のピンチでしたが、まさかコドロンのおかげで助かるとは。このコドロンの心変わりは正直不自然。あのままダリルだけ殺しておけばよかったのに、全員見逃すという…。「兵士たちが男の子を殺すと言ったから…」と彼は言い訳をジェネットに語っていましたが、そんな理由!?別に男の子だけ殺さずダリルは殺しておけば復讐は果たせたのに。ちょっとここの脚本は甘かったなぁと思いました。

モン・サン=ミシェルに到着!

画像: AMC

ダリル、イザベル、ローラン、シルヴィーの4人は歩いてモン・サン=ミシェルに到着。

みんなに歓迎され、イザベルは怪我の手当てで診療室へ。ダリルはリーダーであるロザンと会話。どうやら彼はニュージャージー州出身で、90年代に生徒としてパリへやってきたと。

モン・サン=ミシェルではみんなが平和的に暮らしており、イザベルもローランもとても居心地が良さそう。ダリルもみんなに銃の使い方を教えている。

画像: AMC

ダリルはロザンと会話し、ドーバーからの船があり、イングランドまで安全に行けると聞きます。そこからニューファンドランドへ行けるボートを見つけられるはずだと。船は2日以内に出るそう。海岸を歩いて行く必要があるから、夜明けの出発を勧められます。

ダリルはロザンから「ここにいてほしい」と説得されるも、彼は「母国で待っている人がいる」と断るのです。

画像: AMC

その後、出発の支度をしているダリルのもとにイザベルが。彼女もダリルに残ってローランの面倒を見てほしいというものの、ダリルは彼女の提案も断るのです。納得していないイザベルは「出会えて嬉しかった」と言い残して去ります..。

出発のとき、ダリルは寝ているローランのもとへ行き、ルービックキューブを足元に置いて静かにモン・サン=ミシェルを出発。ひとり海岸線を歩いて目的地へ向かいます。

画像: AMC

草原を通り、雨のなかひとり廃屋で夜を明かす。朝日のなか地図を片手に先を急ぐダリルは、途中で古びたアメリカの国旗を見つます。

画像: AMC

近づくとそこには墓が並んでおり、それは戦争で命を落とした人たちのお墓。そのなかにダリルのおじいちゃん「ウィリアム・T・ディクソン」の墓を見つけ涙を浮かべるダリル。

遠くを見ると海にボートが浮かんでいます。

画像: AMC

ダリルは心惜しそうにお墓を出発し、岸からボートに向かって手を振ります。草むらから大量のウォーカーが起き上がり、一体ずつ駆除していくダリル。ボートのほうへ向かっていくも、うしろからダリルの名前を叫んでいるローランの声が聞こえます。

画像: AMC

ダリルは遠くの船とうしろのローランを見ます。崖に立っているローランの背後からは無数のウォーカーが迫っているのです…。

画像: AMC

イザベルやロザンの必至の引き留めにもかかわらず、ダリルは母国へ戻る決断をします。それはキャロルやほかの友人たちが待っているからです。しかし最後、まさかのローランがあとを追ってきてダリルの名前を呼んで終わるという展開に。明らかにダリルの気持ちは揺れ動いており、先の展開が気になるクリフハンガーで終わりました。

ローランの背後にはウォーカーが迫っています。まさかひとりで対処できるはずもなく、間違いなくダリルは助けることになるでしょう。つまりひとまずダリルはフランスに残る可能性が高い。このままアメリカへ戻ってキャロルと再会して終わり、なんていう退屈な展開にはならないでしょうからねぇ。

シーズン2に突入してもまだまだフランスでの出来事が描かれそうです。

あおや
あおや

予告編を見ても、ダリルはフランスにいますね!

ダリルを探すキャロルが登場

画像: AMC

銃を挟んでバイクを運転する男。そのうしろから不審な車が猛スピードで追いかけてきます。

バイクの男は速度を上げて停車し、迫ってくる車に向けて発砲し車を停車させます。

銃を捨てておりてくるよう指示すると、おりてきたのはキャロル。彼女は友達を探していると言い、運転しているバイクはその友達のものだという。しらばっくれる男は、車のトランクを捜索。その隙にキャロルは武器を取り出し、あっという間に男を制圧。

トランクに詰められ目が覚めた男は、バイクは近くのキャンプ地で交換して手に入れたと話す。キャロルは男をトランクに閉じ込め、バイクに乗ってひとりそのキャンプ地へ向かう…。

画像: AMC

シーズン1の最後、まさかのキャロル登場。これは予想外でした。

前回の5話で声だけ出演。つい先日、シーズン2で本格的に登場することが発表されたため、てっきりシーズン1には登場しないものと思っていました。ところが普通にダリルを探すキャロルとして登場。本家『ウォーキング・デッド』のときと何も変わっていない様子に安堵感を覚えます。

キャロルはダリルが待ち合わせ場所に来なくて音信不通になったため、ひとりで捜索していることがわかります。そして彼のバイクを運転している人を見つけ、最後ダリルがいたキャンプ地へと向かいます。これで「フランス」にいることがわかりますので、おそらくキャロルはフランスへ渡るのではないかと予想しますがどうでしょう?ダリルはまだフランスにいそうですから、キャロルのほうがフランスまで探しに行きそうです。

シーズン2はキャロルの旅も描かれそうで、彼女がどうやってダリルと再会するのかが大きな見どころになりそうです。

シーズン1のキャロル登場シーン、そしてシーズン2について、ドラマ製作トップのインタビュー記事を紹介していますので要チェックです。

シーズン2の予告編映像も公開されています。

シーズン2の最新情報は以下の記事にまとめています。

『ダリル・ディクソン』シーズン1 第6話のプロモ写真

『ダリル・ディクソン』シーズン1 第6話の撮影裏写真

まとめ

まとめ

『ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン』シーズン1第6話のネタバレを書きました。

ダリルはアメリカへ戻る決意をしますが、最後、ローランが追いかけてきたため気持ちが揺らぎます。「一体どうするのか?」という早く続きを見たくなるクリフハンガーで終わり、シーズン2の配信がすでに待ち遠しいです。

この記事の情報は2023年10月時点のものです。情報が古くなっている場合があるため、最新情報はU-NEXTの公式サイトでご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました