「ウォーキング・デッド」シーズン11 パート3(17話以降)の独占配信スタート!Disney+ (ディズニープラス)でいますぐ視聴する>>>

「ウォーキング・デッド」シーズン11第10話のネタバレ内容と感想

画像: Josh Stringer/AMC

「ウォーキング・デッド」シーズン11第10話のネタバレ内容と感想を書いてます。

10話の配信は2022年2月28日(月)15時

Disney+ (ディズニープラス)の独占配信で、ほかでは一切配信されないため登録必須です!

シーズン11の視聴は一択!

シーズン11は動画配信サービスのDisney+ (ディズニープラス)で日本独占最速配信されていますので、視聴するなら登録必須です。

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニー、マーベル、スター・ウォーズ、ピクサー、ナショナル ジオグラフィック、スターの計6つのブランドの作品を、追加課金なしの月々990円(税込み)で見放題に観れます。

現在1〜8話が配信されており視聴可能。

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

※Disney DX(ディズニーデラックス)を利用できるdアカウント(ドコモ)経由での登録はこちら

Disney+ (ディズニープラス)

ネタバレ内容が含まれていますので、見たくない方はご注意ください

第10話の内容

画像: Josh Stringer/AMC

10話ではコモンウェルスで起きた出来事のみ描かれていました。

アレクサンドリアからコモンウェルスへ移動する過程は描かれず、すでにオリエンテーションを終え、コモンウェルスで生活し始めて30〜33日経過しているところから始まります。

要点だけ簡潔に書きます。細かい内容は本編を見てください。

■ハロウィン

画像: Josh Stringer/AMC

アレクサンドリアから移住した人は、それぞれ仕事があり楽しく生活している。

ダリルとロジータは兵士、キャロルはケーキ屋、プリンセスはレコード屋、コニーはジャーナリスト、マグナはウェイトレスなど…

この日はハロウィンで街はお祭り騒ぎ。コモンウェルスを統治している女性パメラ・ミルトンも登場し、この日の夜に仮面舞踏会も行われる様子。

キャロルは遠くから喉に違和感を感じているエゼキエルを目撃。彼の病院のカルテを見て状況を把握。手術の順番がだいぶ先で助からないと知り、影響力のあるホーンズビーを説得しようと試みる。

パメラの息子セバスチャンは、ウォーカーを始末する訓練をするもうまく対処できず、近くにいたダリルが始末。それ以来セバスチャンに嫌われるダリル。

■仮面舞踏会

画像: Josh Stringer/AMC

仮面舞踏会が始まり、パメラ・ミルトンがスピーチ。

ウェイターの男(タイラー・デイビス)がナイフを持ってパメラの側近を人質に。「市民全員を気づかってるのか?」と彼女に詰め寄るも、そのまま外へ逃げて最終的にダリルが確保。男を捕まえた手柄をセバスチャンに譲る。

パメラが男を追い出すよう命じると、男は「俺みたいな人が何千人もいるぞ」と他にも多数同じ思いを抱いている人間がいることをほのめかす。驚いたパメラは「確かめよう」と指示。

キャロルの部屋にエゼキエルがやってきて、2人はワインを飲みながら再出発することに決める。

3日後、ロジータは捕まえた男の部屋のさらに裏部屋へ行き、荒れて落書きがひどい状況を目の当たりにする…。

第10話の感想

画像: Josh Stringer/AMC

10話の感想です。

■キャロルとエゼキエルが復縁

画像: Josh Stringer/AMC

喉の状態が悪いエゼキエルに対し、心配するキャロル。

病院に侵入してカルテを見て、手術の順番が相当先であることを知ると、裏ルートで早く手術を受けさせようとホーンズビーを口説きます。偉い人へ取り入るのがうまいキャロル^ ^

キャロルはそれほどエゼキエルのことを想っており、この調子だとすぐに手術を受けさせてもらえそうですが…。

それにしても、2人が一緒にいるところを久々に見た気がします。前回いつ見たか全然覚えておらず、もう遠い過去のはなし(汗)

ひとまず復縁してもらってよかったですが、またいざこざがありそうです(笑)

■コモンウェルスは階級社会

画像: Josh Stringer/AMC

10話はコモンウェルスの紹介的なエピソードでもありました。

みんな楽しく、世界がウォーカー化する前と同じような生活を送っているわけですが、そのなかにところどころコモンウェルスの問題点が垣間見えました。

そう、コモンウェルスは階級社会だということ!

仮面舞踏会もそうですが、入れるのは一部の人間。住むアパートもそうですし、ジュディスの買い物の件も、セバスチャンの高圧的な態度も。これまでのグループのようにみんなが平等ではなく、わかりやすい格差が存在します。

タイラー・デイビスが「俺を追い出せば解決すると思ってるのか?俺みたいな人が何千人もいるぞ!」と叫んで連行されていきましたが、きっとこれは事実で、一部の優雅な暮らしの裏で、実は多くの人が苦しんでいるのだと思われます。

タイラー・デイビスがパメラ・ミルトンと話させてくれないのもそうですし、パメラが彼の名前を知らないのもそうです!アレクサンドリアだったらお互い名前を知っていて当然なわけで、また、話させてもらえないなんてこともあり得ません。(まぁ人口は違いますが…)

タイラーのように不満が溜まっている人間が多数おり、その不満が爆発するのも時間の問題なので、この先のコモンウェルスではその辺のことが描かれそうですね。

■全体の感想

画像: Josh Stringer/AMC

10話もまぁ面白かったです。

今回は「コモンウェルス導入編」みたいな感じでしたが、問題を抱えている組織だということがわかり、今後どう展開していくのか本当に楽しみ。

また、今回描かれていなかったユージーンは一体どこにいるのか不明ですし、マギーらの所在もわかりませんので、その辺も気になるところ。

第11話の予告編

11話ではユージーンも登場するようですが、相方であるステファニーの姿がありません。

コモンウェルスでも何かが起こるようで早くも楽しみです(^^)

まとめ

「ウォーキング・デッド」シーズン11第10話の内容と感想を書きました。

シーズン11はDisney+ (ディズニープラス)の完全独占配信で、Huluなどほかの動画配信サービスでは一切観れませんので、視聴するならぜひ登録しましょう!

※Disney DX(ディズニーデラックス)を利用できるdアカウント(ドコモ)経由での登録はこちら

Disney+ (ディズニープラス)

タイトルとURLをコピーしました