2024年|広告

『ザ・ワンズ・フー・リブ』に登場するジェイディス(アン)へのインタビュー

ジェイディス役ポリアナ・マッキントッシュのインタビュー
画像: AMC

2024年2月に米国で放送開始予定(日本は初旬)のウォーキング・デッドのスピンオフ作品『ザ・ワンズ・フー・リブ』。

本作に登場予定のキャラクター、ジェイディスのインタビューの内容を紹介します。

彼女は『ウォーキング・デッド』シリーズの3作品に登場する唯一のキャラクターです。

  • 『ウォーキング・デッド』
  • 『ワールド・ビヨンド』
  • 『ザ・ワンズ・フー・リブ』

ジェイディスは本家『ウォーキング・デッド』のシーズン9で、市民共同体軍のヘリコプターでリックを連れてどこかへ飛び立ちました。

リックの運命は未だ謎ですが、ジェイディスはヒープスというファーストネームに、当時のボーイフレンドであったゲイブリエル神父の名字を名乗り、市民共同体軍の准士官として『ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド』に再登場したのです。

以下がENTERTAINMENT WEEKLYのインタビューで語った内容を日本語訳にしたものです。

ジェイディス役ポリアナ・マッキントッシュのインタビュー

ジェイディス役ポリアナ・マッキントッシュのインタビュー
画像: AMC

【質問】

今回で3度目となる『ウォーキング・デッド』で再びジェイディス役を演じられることになったことを、いつどのようにして知ったのですか?

【ポリアナ】

ジェイディスが『ウォーキング・デッド』を降板する5ヶ月ほど前に続投を知りました。だからその間ずっとワクワクしながら楽しみでした。そして『ワールド・ビヨンド』ではすばらしいボーナスが加わって、彼女の役を演じることになり、また別のクレイジーな髪型を世に送り出すことになったのです。

わたしは彼女をジャンヌダルクのようになったほしかった。彼女にとって必要不可欠であり、進むべき正しい道である使命を担ってほしかった。『ワールド・ビヨンド』の物語でも、そして今回の『ザ・ワンズ・フー・リブ』でも、彼女の目には、彼女のしていることが正しいことなのだということを明確にしたかった。また、あの髭剃りによって、少し軍事的なエッジを与えたつもりです。私はオリジナルのジェイディスに敬意を表したかったのです。なぜなら、その間に登場したアンはまったく違うキャラクターだったから。「そう、ジェイディスが戻ってきたんだ。安心しないで」って言いたかった。

【質問】

『ワールド・ビヨンド』の撮影が終わったとき、このキャラクターにはまだ続きがあるとわかっていたのですね?

【ポリアナ】

ええ、リックとジェイディス、ミショーンの物語になるはずだった。ジェイディスとリックの物語になることは分かっていた。そしてもちろん、ミショーンも登場させなければならないと思っていた。『ワールド・ビヨンド』ではミショーンの登場はなかったから、これはまだ続くだろうと。

ロックダウン中のスコットから、「あれ(ザ・ワンズ・フー・リブ)もやるけど、ワールド・ビヨンドにも出てくれないか?」いう素敵な電話があったの。だから『ワールド・ビヨンド』が完成したとき、『ザ・ワンズ・フー・リブ』をやるかやらないかということは、私にとって問題ではなかった。リックに会いたいの。4年半、わたしの人生で最もよく聞かれた質問は、「リックに何をしたんだ?」というものです。

【質問】

彼女は『ウォーキング・デッド』を去ったときと『ワールド・ビヨンド』ではまったく違うジェイディスになりました。では、今度はどんなジェイディスに会えるのでしょう?

【ポリアナ】

『ワールド・ビヨンド』でお馴染みのジェイディスが登場します。

彼女は准士官のジェイディス・ストークスというポジションにいます。彼女はまだ市民共同体と市民共同体軍で働いているのです。彼女は市民共同体軍の熱心な信奉者ですが、人は仕事だけではありません。私たちが知るようになった、ベストを尽くしながらも何度も敗れた昔のジェイディスが、彼女の原動力となっているのです。

【質問】

「ストークス」という名字を再び使ったのは興味深いです。ゲイブリエルの登場人物はまだ生きています。万が一、2人が交わることになったら、彼女にとってどうなると思いますか?

【ポリアナ】

ジェイディスは愛することへの痛みを経験したことがあります。彼女は黙示録のなかでそのような場所があまりないと感じていますし、彼女はそうであってほしいと思っているのです。市民共同体軍が目標を達成すれば、私たちみんなが恋愛したり、関係を持ったりできる世界になると彼女は感じています。でも現状において、それは彼女のなかの世界ではありえません。彼女がやらなければならないことを考えると、そんなことはあり得ないのです。

もし彼女とゲイブリエルが再会したら、彼女はたくさんのことを説明しなければならないだろうし、お互いを強く思い合っていた2人がいるのに、その世界観はとても対立しています。でも『ウォーキング・デッド』では、ご存知のように何でも起こり得る。だから、この作品のファンとして最も素晴らしいことのひとつは、登場人物たちが繰り広げる驚異的な物語であり、常に驚かされることだと思います。

【質問】

アンドリュー・リンカーンや『ウォーキング・デッド』ファミリーと一緒に撮影現場に戻るのはどんな感じでしたか?

【ポリアナ】

最高でしたよ。本当にバンドが再結成したみたいでした。そのキャラクターでいること、ほかの俳優とつながること、そこに完全に入り込むことは、わたしの仕事の最大の喜びなのです。

そしてアンディ(リック役)は、確実に存在する俳優のひとりです。彼は確実にそこにいて、確実にそのシーンにいて、確実にそのキャラクターに入り込んでいます。何でも起こり得る。とても自由なのです。だから、彼と再会できたことは本当に嬉しかったです。

また、彼と一緒にシーンを演じることで、まるで毎回が変わっていくようだった。彼が怒ったり、動揺したり、失望したり、消耗したりする演技をすればするほど、私はジェイディスとして自分が何をしているのか疑わなければならなかったのです。

彼がタフでマッチョに演じれば演じるほど、私は「ふざけるな、この傲慢なゲス野郎」と思った。「自分のことばかりじゃない。ここでやるべき仕事があるんだ!」と。アンディが傲慢なゲス野郎であるはずがない。だから、『ウォーキング・デッド』で一緒に仕事をしていた日々を思い出させてくれる、最高に素晴らしい出来事でした。

【質問】

この作品について、またオリジナル・シリーズとの類似点や相違点についてほかに何かありますか?

【ポリアナ】

舞台やロケーションは全く違います。精神はすべてそこにありました。アクションが多く、哀愁もあり、愛もある。わたしにとっては、原作の精神にとても忠実なのです。ただ、リックがこのような状況に置かれるのは初めてです。

インタビュー内容は以上になります。

ジェイディスは初めてシリーズの3作品に登場するキャラクターということで、まさかゴミ置き場で暮らしていた人物がこんな重要人物になるとは!とても謎が多く不気味な人物であることは間違いありませんが、人間らしいところも時々見せてくれる魅力的なキャラクターです。

本家『ウォーキング・デッド』が終わる前にスピンオフ作品への出演を聞かされていたとは驚き。すでにあの段階でこれらの構想があったとは・・・。まぁでもそれはそうですよね。リックが出るとなれば必然的に彼女を出さないわけにはいきませんから。

『ザ・ワンズ・フー・リブ』ではリックとミショーンの二人がメインで描かれますし、そこが見どころになるのは間違いありません。しかし、このジェイディスの物語も個人的にはとても興味深いところで、一体どんな姿で登場し、どんな言動をするのか楽しみであります。

まとめ

ジェイディスのインタビューまとめ

ジェイディス役ポリアナ・マッキントッシュのインタビュー内容を紹介しました。

彼女が登場しているスピンオフ作品『ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド』はAmazonプライム・ビデオで独占配信しています。

そして2024年2月(日本は未定)公開の『ザ・ワンズ・フー・リブ』は、U-NEXT(ユーネクスト)で独占配信されることが決定。U-NEXTでは同じくスピンオフ作品の『ダリル・ディクソン』や『デッド・シティ』も独占配信中です。

本記事は2023年12月時点のものです。最新情報は各動画配信サービスの公式サイトでご確認ください

タイトルとURLをコピーしました