非難轟々!2020年度放送予定の日本版「24 Japan」が炎上必至な件

非難轟々!2020年度放送予定の日本版「24 Japan」が炎上必至な件
画像元: FOX

海外ドラマファン、とりわけ「24 -TWENTY FOUR-」ファンが思わず耳を疑ってしまうようなトンデモないニュースが先日飛び込んできました!!!

なんと、あの偉大な海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」をリメイクし、日本版24を制作・放送するというのです。

最初聞いた時はあまりの驚きに放心状態となり(笑)、一瞬疑ってしまいました^^;

ただ、Yahoo!ニュースにもバッチリ載っていましたし、ちょうど放送する予定のテレビ局であるテレ朝の番組でもそのことが言及されていましたので、そこで本当に日本版24が制作されるのだと確信しました。

いや〜、おそらくほとんどの人がこのニュースに驚いたのではないかと思います。

で、ちょっと気になってTwitterのほうでこの話題に関するツイートをざっと目を通してみたのですが、やっぱり皆さん予想通りの反応をしていて、それはそれでおもしろかったです^^;

今回は放送が決まった日本版24の「24 Japan」について、各シーズン何回も繰り返し見るくらい大大大好きなファンとして思うことなどを書いていきたいと思います。



24 Japanの概要は?

まずは現時点で判明していることを挙げていきます。

日本版24の名前は「24 Japan」

2020年度にテレビ朝日系で放送

テレビ朝日の開局60周年記念番組として制作

テレビ朝日と20世紀FOXがタッグを組む

Abema TVやビデオパスとも連携する

日本の制度や文化に基づいてアレンジされる

最新テクノロジーと世界情勢を反映して描く

日本初の女性総理大臣の誕生を描く

主人公の過去の任務が「海外での邦人人質の救出」「テロ用の化学兵器工場爆破」

キャスティングはこれから

放送が2020年度ということで、まだ制作が決定した段階であり、脚本はまだ完成していないと思いますし、キャスティングもこれからする旨を製作陣が語っています。

日本版24の名前は「24 Japan」

ドラマ名は「24 Japan」。

まー普通ですね^^;

「24 日本」よりかはまだマシかもしれないですけど…。

2020年度にテレビ朝日系で放送

この「24 Japan」はテレビ朝日の開局60周年記念番組として制作・放送されるようでして、放送時期は2020年度となっています。「2020年」ではなく「2020年度」ということは、2020年4月1日〜2021年3月31日の間に放送されるということですから、ひょっとすると放送は2021年になってしまうということもあるのでしょうか?

なお、Wikipediaによればテレビ朝日の開局は1959年2月1日だそうですので、60周年となると2019年2月になります。なので、現実的に考えるとおそらく1年遅れの2020年の放送となるのではないかと予想します^ ^

そして、制作するのはテレビ朝日の単独ではなく、20世紀FOXとの共同になります。「24」は本国アメリカでも日本でもFOXが放送・権利を持っていると思いますので、ここの協力なくして制作できません。

交渉には約2年間掛かったそうですので、すでにテレビ朝日側は数年前から「24 Japan」の構想があったようですね。

放送はテレ朝の他にも!?

どうやらテレビ朝日の他でも放送される可能性があります。

ネット上の放送局である「Abema TV」や動画配信サイトの「ビデオパス」とも連携して多面的なプロジェクトとして展開していく予定でもあるそうなので、もしかしたらネット上でも視聴可能になるかもしれませんね。

最近は若者の間でテレビを持っていない人も多いですから、ぜひネット上でも見れるようにしてくれると助かります!

日本初の女性総理大臣を描く!?

物語の概要も少し公開されています。

どうやら「24 Japan」では本家24のシーズン1をアレンジするようでして、本家シーズン1では「アフリカ系アメリカ人初の大統領誕生」が描かれていましたが、24 Japanでは「日本初の女性総理大臣誕生」を描くそうです!

そこに2020年の最新テクノロジーや世界情勢などを反映させていく予定だそうで、さらに「24」の主題でもあるテロが関わってきます。

実際にどのような脚本になるのかは不明ですが、シーズン1を真似るのであれば、その「日本初の女性総理大臣候補の暗殺」とかになるのでしょうか!?

ただ、日本で暗殺と言われてもあまり馴染みがありませんし、総理大臣になるだけで暗殺という動機も犯人もなかなか想像できませんので、一体どうなるのか?

また、本家「24」を見たことのある人なら知っていると思いますが、本国アメリカではシーズン1でアフリカ系アメリカ人初の大統領が誕生したあと、現実の世界では2008年にオバマ大統領が当選しています。

これに習うかのように、日本でも今後あるかもしれない出来事として「日本初の女性総理大臣」という設定にしたのだと思われます。

キャスティングに関して

キャスティングはまだ誰も決まっていないそうです。

ただ、メインとなるのはやはり本家のジャック・バウアーにあたる主人公と、日本初の女性総理大臣になる人物の2人になります。

主人公に関しては、過去の設定がすでに決まっています。

「海外での邦人人質の救出」

「テロ用の化学兵器工場爆破」

やはりジャック・バウアーを意識してか、元々自衛隊などに所属していた経歴の持ち主という設定になっていますね。

そして、肝心なキャスティングは決まっていませんが、正直主人公は大役となりますし、すでに誰が演じるのか予想されている状況で注目度は非常に高いです!

誰がやるにしても100%批判が来ることは間違いないですし、どうしても本家24のジャック・バウアーと比較されてしまいますから、主人公を演じる人は本当に大変そうです。。。

ちなみに、プロデューサーは「主演のジャック・バウアー役には、仕事と家庭に引き裂かれる難しい役どころを演じ切れる実力派、演技派の俳優の方に、オファーしたい」と語っています。

その他

「24」の代名詞ともいえる画面が分割する「リアルタイム形式」は維持。

アレがないと24っていう感じがしませんので必須ですね♪

また、本家のクロエに該当する人物とかトニーに該当する人物とか、24は結構個性のあるキャラクターが揃っている作品でもあるので、主役以外のサブキャラクターに関しても注目です。



世間の反応は!?Twitter上では非難轟々!

この日本版24が制作・放送されるというニュースが発表されたあと、ネット上には批判的な感想であふれており、特にTwitterを見ていたのですがコメントはだいぶ荒れてました^^;

そうなるだろうとは予想していたものの、あまりにも批判的なコメントが多かったですね(笑)

皆さんが日本版24に関してどのような意見を持っているのか、ちょっとその一部をTwitterから引用してみたいと思います。

ざっと適当にTwitter上の感想を引用してみました。

まぁ、批判的なコメントだけを選んだのでアレですけど、大体90%以上、いや、95%くらいの方が日本版24に関して批判的なコメントを投稿しています。

コメントしている人は、すでに本家24を見ている人でファンが多いと思われますので、このように批判的なコメントが多くなるのだと思われます。

 

やめてーの声が続出!

「無理」「やめて」「失敗する」などのコメントが多数あります。

本家24では銃をバンバン撃ったり、拷問したり…と日本社会では非現実的なことが多く描かれていまして、そんなこと日本では起こりませんし、非現実すぎて描くのは無理ということですね。

「24 Japan」では日本社会や文化に基づいてアレンジするということですが、それはそれで本家24の魅力がなくなってしまいつまらなくなってしまうのでは!?と皆さんコメントしています。

そして、そんなことだったら最初から24の日本版をやるべきではないと言っているのです。

私自身も24の大ファンですが、概ねTwitter上にある皆さんの意見と同じです^^;

あれを日本でやるのは無理がありすぎますし、日本風にしてしまったらそれはもう24ではありませんし、つまらなくなること間違いありませんから、やるべきではありません。

また、予算もアメリカとは全く違いますし、銃も爆発も拷問もありえませんので、それらがないと24ではなくもう別のドラマになってしまいます。

 

早くもキャスティングに関心が!

批判的なコメントが多数を占めると同時に、一体誰が主人公ジャック・バウアー役を演じるのか?という予想が注目を浴びています。

確かに、私も「24 Japan」には全く期待しておらず批判的ではありますが、一体誰が主人公を演じるのかには非常に興味があります(笑)

もちろん、ジャック・バウアー役を日本人俳優が演じるのは無理といった感想も多いですし、それにも私は賛成!アレを超えれる演技ができる俳優さんがどこにいるのでしょうか?

そして、私自身がもっとも憂慮しているのが、人気の某アイドルグループとかが配役されること。国内ドラマあるあるですが、とにかく演技云々よりも人気で話題性のある人を出しておけばOKみたいなことだと、100%失敗です。

配役次第では見る気が失せますし、本家24のファンは失望すること間違いなし!

プロデューサーは演技派の俳優を抜擢すると言っていますし、さすがにFOXも絡んでいることもあり、人気だけで演技が下手くそな人は出さないのではないかと思います。

って言うか、そう願います♪

にしても、主人公役に抜擢された俳優さんは可哀想です。

誰がやったとしても必ずジャック・バウアーと比較されて批判されるわけですから。。。

オファーされる俳優さんも悩むでしょうね(笑)特に24を見たことがあって好きな俳優さんだったら、オファーを快諾することはほぼ無理だと思いますw

 

キャスティングの予想

ネット上ではすでにキャスティング予想がされています。

一体ジャック・バウアーのポジションを継ぐ主人公を演じるのは誰なのか?

候補に挙がっている俳優の名前を列挙していきます。

岡田准一
西島秀俊
阿部寛
小栗旬
竹野内豊
堺雅人
真田広之
堤真一
反町隆史
長谷川博己
織田裕二
江口洋介
唐沢寿明
香川照之
山田孝之
林遣都
中居正広
木村拓哉
草なぎ剛
香取慎吾
稲垣吾郎
長瀬智也
松岡昌宏

年齢的にはおそらくジャック・バウアー役に近づけると思うので、おそらく30代後半〜40代、ギリギリ50代前半の俳優さんが選ばれるのではないかと予想します。

上記に挙げた方々はまさにその年代ですし、選ばれそうな人が沢山います。

演技派ということもあり、某アイドルグループはおそらく抜擢されないのではないかと思います。(そう強く願います)

となると、真田広之とかが現実的な気もしますが少し年齢が高い気もしますし、一体誰が演じるのかは非常に気になるところです。

一方、こんな方に演じてほしいという人もおり、それが以下の2名。

小山力也(声優さん)

岸学(お笑い芸人)

えぇ、このように発言している人結構いるんですよねw

小山力也さんは、本家24の主人公ジャック・バウアーの日本語吹替えを担当している方で、「もう彼が演じればいいんじゃね?」っていう人が一定数いて笑えます。

他にも「俳優が演技してもいいけど、声は小山力也さんで!」という訳のわからないことをおっしゃっている人も存在します^ ^

そして、もっとおもしろいのがお笑い芸人どきどきキャンプの岸学さん(笑)

個人的にも、もうこっちのほうが面白くなるような気がして仕方ありませんw

このお二方を選ぶ背景には、「どうせつまらないから、それだったらもうコメディでやってくれたほうがいいわ!」っていう考えがありますね^^;

現実的に考えても、銃バンバンやるのは無理ですし、拷問するのも無理ですから、日本版にリメイクしたところで違うドラマになってしまうんですよね。だったら、最初からお笑いとして24をやったほうがいいということです!

皆さんは誰になると思いますか?

また、誰に主人公をやってもらいたいですか?

脚本は当たり前ですが、キャスティングも結構重要になってくると思いますので、せめてここをミスらないように製作陣にはしっかりとしたキャスティングをしてもらいたいところですね!

 

ここから這い上がれるか?

日本版24が発表されただけでココまでの非難轟々なわけですが、果たして「24 Japan」はここから這い上がって成功することはできるのでしょうか?

正直いいますと、1話目は視聴率がかなり高くなると予想します!

「やめろ!」や「絶対に失敗する!」と言っている人でも、1話目は興味本位で絶対に見てみると思います。純粋にドラマを見てみようと思う人にプラスして、普段国内ドラマを見ない人でも「24」ファンは気になって見ると思いますので、1話目は絶対に視聴率は高くなります。

問題は2話目以降です^ ^

成功するかコケるのか鍵は1話目にありますので、ここでつまらない、又はつまらなそうな内容にしたり、キャスティングのミスマッチなどがあると、2話目以降の視聴率はガクッと落ちてしまい結果的に失敗してしまうと思いますね!

ぶっちゃけ、24の日本版ということで、24の名前を使ってしまっていることから「24 Japan」に対するハードルは物凄く高くなってしまっていますし、どうしても本家と比較してしまいますから、この高いハードルを乗り越えられるのか?

すべては1発目のエピソードと、さらに事前に発表されるキャスティング次第だと思いますね。

私はもちろん全話見るつもりですけど、正直期待していると聞かれれば期待はしませんw

ただ、楽しみにしてます!笑



本家「24」を見たことがない人は無料視聴も可能!

引用:『24 TWENTY FOUR 情報局』

一度も本家24を見たことがない人は、一体どんなドラマなのかと疑問に思っている人もいると思います。

一言で言えば、CTU(テロ対策ユニット)に所属する主人公ジャック・バウアーが、度重なるテロから国を救うために尽力する過程が描かれているドラマと言えます。

ちょうどこのドラマの放送が始まったのが2001年でして、この年アメリカでは同時多発テロがあり「対テロ」への関心が非常に高まっていました。タイミング的なこともあり本作は瞬く間に人気作となり、今現在も制作は続いています。

しばらくして日本でもレンタル開始となり、レンタル店に行列ができる事態が発生し、その面白さから徹夜してまで見る中毒者も続出!日本でも社会現象となったのです。

期間限定無料での視聴も可能

まだ一度も見たことのない人に朗報です!

本家24はネット上の動画配信サイトで全シーズン視聴することができます

全部で10シリーズありまして、サイトによっては全シーズン見れなかったりするので、ぜひ以下を参考にしてもらって登録し、早速本家24を見てみてください。

なお、どの動画配信サイトにもお試し期間が設けられていて無料で見れますので、シーズン1の1話だけでも見てみることをおすすめします!

お試し期間中はクリック1つでいつでも解約可能ですし、お金が発生することはありません。

 

シーズン12345678リブレガ
Hulu
U-NEXT
Amazonプライム・ビデオ
ビデオパス×
dTV150円150円150円150円150円150円150円150円150円150円
TSUTAYA TV200円200円200円200円200円200円200円200円250円200円
ビデオマーケット162円162円162円162円162円162円162円162円162円162円
Raluten TV162円162円162円162円162円162円162円162円162円216円
※2019年1月の情報になり、すでに配信が終了している可能性がありますので詳細は公式サイトでご確認を

配信状況は上の表の通りとなっています。

基本的にHulu、U-NEXT、dTV、Amazonプライム・ビデオの4つのサイト、いずれかに登録しておけばOKです!

○が付いているのは登録後に無料で見れるサイトでして、料金が書かれているのは、登録しても月額料金とは別に1話ごとお金を払わなければならないサイトになります。

 

動画サイト月額料金お試し期間サイト内課金おすすめ度
Hulu933円2週間なし⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
U-NEXT1,990円31日間あり⭐️⭐️⭐️⭐️
Amazonプライム・ビデオ408円30日間あり⭐️⭐️⭐️⭐️
ビデオパス562円30日間あり⭐️⭐️⭐️⭐️
dTV500円31日間あり⭐️⭐️⭐️
TSUTAYA TV993円30日間あり⭐️⭐️⭐️
ビデオマーケット500円初月あり⭐️⭐️⭐️
Raluten TV××あり⭐️⭐️
※2019年1月の情報になり、すでに配信が終了している可能性がありますので詳細は公式サイトでご確認を

また、上の表は各動画配信サイトの詳細になります。

利用料金の安さを求めるなら、Amazonプライム・ビデオが最安値でおすすめですし、継続してずっと利用し続けるのならHuluへの登録をお勧めします。

どのサイトも国内外のドラマや映画、アニメが沢山揃っていますので、この機会にぜひ登録してみるといいですね♪

私がおすすめするのは、Huluになります!

ここでは動画配信サイトHulu(フールー)に初めて登録し利用する人向けに紹介していきます。いきなりですが、Huluの説明を少し。Hu...

 

まとめ

当初から非難轟々の「24 Japan」ですが、一体どんな脚本やキャスティングがされるのか予想できませんのでワクワクしているところもあります^ ^

まったく期待はしていないですが、楽しみにはしていますので、放送される2020年まで首を長くして待ちたいと思います!

また何か最新情報が入り次第こちらのサイトでも紹介する予定です。

24 -TWENTY FOUR-カテゴリの最新記事