2024年|広告

「ウォーキング・デッド」シーズン10 第7話のネタバレ内容と感想

「ウォーキング・デッド」シーズン10 第7話のプロモーション写真、予告編映像、本編映像、そして内容と感想のほうを紹介しています。

シーズン10の視聴はHulu(フールー)で視聴できます。

関連記事 「ウォーキング・デッド」シーズン10の最新情報まとめ
関連記事 「ウォーキング・デッド」シーズン10全16話の動画/視聴方法

プロモーション写真

7話では久々のダリルとキャロルの険悪なシーンが見れるようです^ ^

捕まえた男にリディアが生きてることを証明するためにリディアを連れて行こうとするキャロルですが、ここはダリルは反対するようですね。

リディアが一時的に生活している牢屋に、キャロルとダリルは捕まえた男を牢屋に入れます。

医師のセディクやダンテもいることから、男の体調を見ているのでしょうか?

アーロンは再びガンマと再会するようですね。そして、キャロルとリディアも2人で外出し、アーロンらと合流することになるようです。

ロジータに寄り添うゲイブリエル。

相変わらず仲が良さそうな2人。

実は○○だったダンテ!この男には要注意!?

病人の世話をするセディク!

なんだかんだ生き残っているゲイブリエル!

本編映像

リディアは牢屋で生活していますが、そこにキャロルらが拉致してきた囁く者たち(ウィスパラーズ)の男を入れることになります。牢屋から出ていくリディアにキャロルは知っているか聞きますが、もちろんリディアは知っています!

幻聴&幻覚がそろそろヤバくなってきているセディク。

アルファが仲間を晒し首にする最後の抵抗する瞬間がいつも頭に浮かびます。

我慢できず、そのまま川に飛び込むことに…。

冒頭の映像

恐ろしいアルファの幻覚を見るセディク。

お婆さんは熱に苦しんいるようで、水を飲ませ部屋から出ていきます。ロジータの世話をしたり、水を汲んだり。そして、引き続き医師の一人として病人の世話をします。病室は病人だらけで、ふと窓の外にはアルファの姿が映ります。

夜、再び幻覚に悩まされ、うしろから何者かに口を塞がれるのですが…。

内容

再び、仲間が殺された虐殺現場のフラッシュバック(幻想)を見るセディク。夜にも再び幻想を見て、何者かに口や胸を押さえつけられてしまいます…..

ダリルは牢屋からリディアを追い出し、捕まえた囁く者たちの男を入れます。キャロルはリディアに知っていることを聞き、彼は監視役の一人だと言います。と、そこに男を捕まえてきたことに「危険に晒す」とゲイブリエルは怒ってます。

バルコニーでキャロルとリディアは会話。

リディアは「元仲間を嫌いだけど、でも彼らを知ってる」と話し、彼らは母親(アルファ)の命令が絶対で選択肢がないと。ここが平和な場所だと知らせても無駄だし危険だと。

ダンテとセディク、ゲイブリエルは牢屋にやってきます。

男は「お前を知っている」とセディクに言い、それを見たダンテは彼に外へ行けと言い、彼は外へ。

セディクは虐殺現場のフラッシュバックを再び見ます。

アーロンは小川の境界線のところにおり、そこにはガンマも。2人は会話し、アーロンはパンをあげようとしますが…。そして、娘が描いたという絵を見せると、ガンマは「子供はもっといるの?」と聞いたり興味津々。今後はガンマに家族のことを聞くアーロンですが、「自分は一人っ子だ」と自信なさげに答えるのです。

キャロルは捕まえた男に食事を持ってきます。パンにジャムを塗り、男は食事に興味を抱いている様子。「食べな」と渡し、男がそれを口に入れると、泣きながらムシャムシャ食べ始めます。しかし、すぐに食べたものをすべてキャロルの顔に吐き出してしまうのです。

キャロルは男を尋問し、彼の肩にある傷口を押さえつけ痛みつけます。「群れはどこにいる?」と聞くも答えようとしません。キャロルは指輪をつけて、男を何度も殴ります。

「お前らはみんな弱い」という男。

ナイフを取り出すダリル。まずは指を切り落とすと言いナイフを指に当てますが、男は「アルファのことは裏切らない。彼女は自分たちを助けてくれた。彼女は娘を犠牲にしてまで。だから、彼女のために命を捧げる」と。

リディアが死んでいると思っていることを聞いて驚く二人。

その後、キャロルは生きていることを証明しようとリディアを連れてこようとしますが、ダリルは猛反対。しかし、これしか方法がないというキャロル。

セディクとロジータは楽しげに会話。ジータは「まさかこの世界で母親になるとは思わなかった」などと家族について話します。

ガンマはアーロンから絵をもらい、二人は隣に座って会話。話している過程で、アーロンは「うん?兄弟がいるのか?」と聞きますが、ガンマは話し続けるアーロンを置いてひとり歩いて行ってしまいます。

牢屋にいる男は突然苦しみ始め、容態が急変!そして、そのまま死んでしまいます。

セディクは毒薬の容器を見つけ、「お前が殺した」とダンテに言います。治療用の薬ではなく、毒薬だと。しかし、ダンテはセディクに「お前が詰めたんじゃないか」と言うのです…。

ひとり森でアーロンからもらった絵を見るガンマですが、ウォーカーが近づいてくると、絵を隠しマスクを外します。一度襲われてしまいますが、なんとか対処。

と、すぐうしろにはアルファがおり、アーロンについて聞きます。彼の名前はアーロンで娘がいることを伝えます。アルファ は「奴らはお前を利用している」「虐殺者だ」と話し、マスクを外させます。

そして、彼女の腕の内側を出させ、アルファは鞭で何度も殴り続けます。

アルファは「アーロンは嘘でお前を誘惑している」と言うのです。

ダリルは死んだ男の頭にナイフを刺しとどめを刺します。

そして、キャロルはリディアを連れて馬で外出。

セディクはシェリル(病人の女性)の部屋へ行きますが、そこに彼女の姿はありません。外へ行くと、ダンテが彼女を埋めるための穴を掘ろうとしています。

セディクは再びフラッシュバックを見ると、走って水の中にジャンプします。フラッシュバックを見ながら沈んでいくと、そこにロジータがジャンプして飛び込み、彼を救い出します。その後2人は会話しますが、セディクは悩んでいることをロジータには話したくない様子。しかし、「まだ自分があの現場にいるようだ。叫び声が聞こえ匂いがし、血が見える」とフラッシュバックのことを語るのです。「俺は助けられなかった」「ただ見ていただけだ」と。

そして、「なぜ病人が病気になっているのか、共通点がない」と語り始めますが、セディクはふと前方の生活用水に気付くのです。そのまま生活用水を取っているバルブのところへ行き、異変を気付くセディク。

夜、境界線で、アーロンとガンマは再び会います。「何もいらない」というガンマ。態度が一気に変わった様子で、以前もらった絵を返してきます。絵を地面に捨ててアーロンがそれを取ろうとすると、ガンマは突然彼の首元にナイフを突き付けるのです。

と、そこにキャロルが銃を向けてやってきます。さらに、背後からはリディアも現れるのです…。

リディアの姿を見ると、ガンマは「ノーノー」と言って、そのまま走って逃げてしまうのです。

すると、リディアは「あなたは私を利用した… 母親(アルファ)みたいに」と言い、続けて「さっきどっち側の味方が選べって言ったよね?それなら私は自分自身を選ぶ」と言い、キャロルを殴って境界線を超えて彼女は走って行ってしまうのです。

一方、ガンマは小川のそばに座ってマスクを外して泣いています…。

部屋の窓から外を見ているセディク。そこにダンテがやってきますが、「一人にして」というセディク。しかし、彼はそのままいつもの調子のいい感じで喋り続けています。

その日起こった出来事について「俺のせいだ」というセディク。

互いに話している間、舌を鳴らすダンテ。セディクは再び虐殺現場のフラッシュバックを見て、そこで舌を鳴らしていた男がいたことを思い出します。セディクは全てを悟ったかのようにダンテのほうを振り向き、少し離れたところにある椅子をチラッと見ます。(殴るつもり)

ダンテも「やべっ気付かれた」というような顔をし、セディクが急いで椅子を取ろうとすると、ダンテが遮り、そこで2人は揉み合いになります。

最終的にセディクは力で負けてしまい、首をホールドされてしまいます。「このようにお前にしたくなかった」というダンテですが、そのまま力を入れ続け「目を閉じろ」と言うと、セディクの腕が垂れ、そのまま意識を失ってしまうのです。

感想

第7話を視聴し終えました。

最後の最後にまさかの展開が待ってました。

蔓延していた病気の原因が飲み水であり、それをセディクがいないあいだダンテが管理していたこと。捕まえた囁く者(ウィスパラーズ)の男を、誤ったかのように毒薬で殺したこと。

そして、ダンテが舌を鳴らしたことで、フラッシュバックで見た虐殺現場にいた男も同じく舌を鳴らしていたことに気づき、セディクは彼が奴らの仲間であると悟り、椅子で殴ろうとしますが、逆に力負けしてしまい殺されてしまいました…。

いや〜本当にまさかまさかの展開でした。精神状態的にそろそろセディクは死ぬかなぁとは予想していたものの、こんな感じで死んでしまうとは!それでもって、まさかダンテが敵だったとは!!!

汚染された飲み水でアレクサンドリアの住人を苦しめ、医師としてここに潜入してるのはかなりタチが悪いですね。内側からじわじわ追い詰める作戦なようです。

一体彼がどのようにしてアレクサンドリアに合流したのか、確か描かれてないですから、その辺は一体どうなってるのでしょうか?彼の過去のことが知りたいです…。

ダンテはこのあとどうなるのか?また、セディクもいなくなってしまったため、事実上医師がいない感じですが、大丈夫なのでしょうか?それとも、セディクの死は自殺やらなんやらで精神問題として処理されてしまうのか?

ロジータやココもかわいそうですね(T . T)

一方、ガンマの心境にも変化が!アーロンと接した感じ、かなりこちら側に興味津々なようです。アルファにいろいろ言われてはいますが、結局生きているリディアの姿を見てしまい、アルファの言っていることが嘘だとわかったわけです。

囁く者たち側のほうも内側から崩れ始めているような感じですので、今後ガンマはどのような行動を取るのかには大いに注目したいと思います。

また、リディアは自分を利用したことでキャロルから離れて自ら境界線を超えて向こう側へ行きました。そのまま古巣へ向かうのでしょうか?それとも、ただひとりになりたいだけなのか?この辺も気になります。

シーズン10の前半エピソードも残り1話となり、次回の前半最終話はおもしろくなると思います。

予告編を見るいても、いろいろありそうですので、8話には期待大ですね♪

今回の7話は意外なこともあり、結構おもしろかったです!

次回第8話の予告編など↓

「ウォーキング・デッド」シーズン10 第8話のネタバレ内容と感想
「ウォーキング・デッド」シーズン10 第8話のプロモーション写真、予告編映像、本編映像、そして内容と感想を紹介しています。 シーズン10の視聴はHulu(フールー)で視聴できます。 関連記事 「ウォーキング・デッド」シーズン10の最新情報ま...

まとめ

内容や感想をまとめました。

視聴するならHulu(フールー)がおすすめです。ほかのシーズンも配信中。

2020年3月時点の情報になります。すでに配信が終了している場合もありますので、詳細は各サイトの公式ホームページにてご確認ください

タイトルとURLをコピーしました