【吹替で見放題】どこで見れる?ウォーキング・デッドを視聴できる配信サービス

ウォーキング・デッド 吹替の視聴方法
  • ウォーキング・デッドの吹替はどこで見れる?
  • 配信しているサービスを全部比較してほしい!
  • 吹替の声優さんが誰か知りたい!

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」の吹替で見れるサービスは限られていますが、現在、シーズン1から10までの全エピソードを吹替で視聴できます

この記事では「ウォーキング・デッド」を吹替で視聴できる配信サービスはもちろん、字幕も含め本作を配信しているサービスを比較表にしてすべて紹介。後半には吹替を担当している声優の情報も載せています。

あるサービスを利用すれば吹替派の人も新作まで視聴できますよ!

吹替で配信しているサービス

Hulu

Huluシーズン1〜10(全154話)

dTVシーズン1〜2(全19話)

「ウォーキング・デッド」を吹替で配信しているのは上記2つのサービスのみ。dTVはシーズン1と2だけですが、Huluはシーズン1〜10までの全エピソードを吹替で視聴可能。

Huluは定額見放題なので、月額料金1,026円(税込)を払うことで完全見放題!どれだけ見ても追加課金はありません。完全無料で利用できるお試し期間も2週間あります。

Huluのお試しトライアルを始める

【参考記事】登録方法と解約方法を徹底解説

どこで見れる?ウォーキング・デッドの吹替を配信するサービス


Hulu

dTV

ディズニープラス

Netflix

Amazonビデオ


TELASA

ABEMA

FODプレミアム

U-NEXT
おすすめ度
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3 / 5.0)
(2 / 5.0)
(2 / 5.0)
(2 / 5.0)
(2 / 5.0)
(2 / 5.0)
(2 / 5.0)
吹替シーズン1-10
(見放題)
シーズン1-2
(見放題)
字幕シーズン1-11
(1〜8話)
(見放題)
シーズン1-11
(見放題)
シーズン11
(9〜16話)
(1話220円)
シーズン1-11
(見放題)
シーズン1-11
(1〜8話)
(見放題)
シーズン1-10
(1話150円)
シーズン11
(1-16話)
(1話200円)
シーズン1-11
(1-16話まで)
(1話286円)
月額料金1,026円(税込)550円(税込)990円(税込)990円(税込)500円(税込)618円(税込)
お試し期間2週間31日間30日間15日間
追加課金なしありなしなしありあり
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

「ウォーキング・デッド」を配信しているサービスをすべて比較してみた結果、吹替は以下2つの配信サービスでのみ視聴可能です。

  1. Hulu(フールー)
    →シーズン1〜10(全154話)
  2. dTV(ディーティービー)
    →シーズン1〜2(全19話)

現在、この2つの配信サービス以外では一切視聴できませんし、今後この2つのサービス以外で配信される可能性も極めて低いです。

HuluとdTVはどちらがおすすめ?

HuluとdTVはどっちがおすすめ?

「ウォーキング・デッド」を吹替で視聴するなら圧倒的にHuluがおすすめです。

理由は吹替で見れるエピソード数が多いから。Huluではシーズン1から10までの154話をすべて吹替で見れるのに対し、dTVはシーズン1から2までのたった19話しか見れません。

dTVだとシーズン2まで吹替で見ても、シーズン3以降は字幕で見ざるを得ない状況です。

dTVはシーズン2で吹替の配信をやめてしまっており、今後シーズン3以降を吹替で配信してくれる可能性はほぼゼロ。それに比べて、Huluは新作が配信されるたびに吹替に対応してくれており、このままシーズン11の最終話(完結)まで吹替対応してくれます

よって「ウォーキング・デッド」を吹替で見るならHuluの一択となっています。

お得な2週間の無料トライアルあり!

【参考記事】登録方法と解約方法を徹底解説

シーズン11の吹替はいつ配信?

パート1
(1〜8話)
パート2
(9〜16話)
パート3
(17〜24話)
Hulu今年中旬
(予想)
今年後半
(予想)
来年
(予想)
dTV字幕で配信中
吹替予定なし
字幕で配信中
吹替予定なし
字幕今年配信
吹替予定なし

シーズン11の吹替での配信は今年中旬頃までに配信されると予想します。

こちらはHulu公式から発表がないため予想するしかありませんが、少なくとも今年中に配信されるのは間違いないと思います。ただし配信されるのはパート1(1〜8話)までで、それ以降のエピソードの吹替はさらに遅くなります。

dTVはシーズン2以降は吹替で配信される予定はありません

Netflixで吹替が配信される可能性はある?

Netflixで吹替が配信される可能性

Netflix(ネットフリックス)では「ウォーキング・デッド」の字幕版は配信されていますが、吹替が配信される可能性はありません

長年「字幕」のみの配信ですし、突然「吹替」で配信する可能性は考えられないからです。

吹替での配信は、事実上、Huluの独占配信といえますし、今後もそれは変わらないでしょう。dTVでもシーズン2まででそれ以降は吹替での配信は完全にやめてしまいました。

Huluは無料トライアル中でも見れる

Huluの無料トライアルでも見放題

唯一、吹替で多くのシーズンを見れるHuluには2週間の無料トライアルが用意されています。

この期間中は配信されているすべての作品が見放題。(※Huluストアを除く)

「ウォーキング・デッド」も配信されている全エピソード(シーズン1から11)が見放題になりますので、実は期間中は1円も払わず見れてしまうのです。

期間中にたくさん見て、それ以降は本会員になって視聴し続けます。

お得な2週間の無料トライアルあり!

【参考記事】登録方法と解約方法を徹底解説

吹替で見れる配信サービスHuluとdTVの紹介

HuluとdTVの紹介

「ウォーキング・デッド」の吹替を配信しているHuluとdTVは一体どんなサービスなのか?

月々の利用料金から作品数、長年利用している経験から「どんな人におすすめなのか?」も解説していきます。

Huluのサービス解説

配信状況
(課金)
シーズン1-11
※シーズン11は8話まで
※9話以降は2/20から
(見放題)
字幕/吹替シーズン1-10(字幕/吹替)
シーズン11(字幕)
月額料金1,026円(税込み)
お試し期間2週間
サイト内課金なし
作品数10万本以上
画質SD/HD/4K
ダウンロード機能あり

Hulu(フールー)は月々決まった金額を支払うことで、配信されている作品をすべて見れる定額見放題の配信サービスになります。

国内外を問わずさまざまなジャンルの作品が配信中。

国内作品は日テレの番組(ドラマなど)を中心に、Huluでしか見れないオリジナル作品も多数配信。海外作品はHuluでしか配信されていない独自コンテンツに力を入れており、米国以外の本当におもしろい作品が続々配信されています。

利用料金

利用料金

月額料金は1,026円(税込)です。

Huluは定額見放題になるので、この月額料金以外に発生するお金はありません。ほかの配信サービスのように、作品ごとに課金する必要がないのでお財布にもやさしいです。

Huluストアは課金あり
課金によってのみ視聴可能な「Huluストア」で配信されている作品を見る場合には、この月額料金以外の課金が必要になります。基本的に1作品視聴するごとに数百円が発生。ドラマの場合は1話ごとに課金が発生します。

Huluストアを除けば課金がまったくないのが素晴らしい!安心してたくさん視聴できますね!

お試し期間

お試し期間

Huluのお試し期間は2週間あります。

この期間中は「月額料金」が発生せず完全無料でサービスを利用できます。つまり期間中は配信されているすべての作品が見放題。どれだけ見ても1円も払う必要がありません。

期間中であってもHuluストアの作品は課金が必要なので注意!

お試し期間中はいつでも無料で解約可能!解約は簡単でクリック1つで解約できます。

お試し期間はこちらから【Hulu公式】

作品数

作品数

Huluで配信中の作品は10万作品以上あります。

国内外問わずさまざまなジャンルが配信されており、どのジャンルにおいても人気作や定番作の多くは配信されています。

最近では「オリジナルコンテンツ」と呼ばれるHuluでのみ配信されている作品にも力を入れており、ほかでは配信されていないけど本当におもしろい作品が多数配信。

海外ドラマは米国以外の国からおもしろい作品を厳選して配信中!

日テレのドラマや番組が独占配信
Huluは日テレの子会社が運営している関係で、日テレの番組も独占配信されています。特に日テレのドラマの見逃し配信やTVでは放送されないオリジナルストーリーも配信され、まさにHuluでしか見れない動画がたくさんあるのです。

画質

画質

Huluでは最高4K画質での視聴が可能です。

まだ4K画質に対応している作品は少なく、基本的にフルHDやSDでの視聴になります。ただしフルHDやSDでもスマホやPCで視聴するぶんには綺麗ですので、気にする必要はありません。

続々4K画質に対応した作品も増えてきていますので今後に期待できます。

4K画質はそもそも4K再生できるTVや機器を持ってないと意味なし!

ダウンロード機能

ダウンロード機能

Huluにはダウンロード機能があります。

ダウンロード機能とは、あらかじめ視聴したい作品をダウンロードしておくことで、ネットに繋がっていないオフラインで作品を視聴できるものです。つまり視聴するときはデータ通信をしないということ。

ダウンロード機能が役立つのは以下のようなときです。

  • ネット環境のない圏外などの場所
  • データ通信量を消費したくないとき

動画の視聴は通常ストリーミング再生となり、視聴している間はデータ通信量が常に消費されます。動画の視聴はたくさんのデータ通信量を消費するため、月々使用できるデータ通信量が少ない場合あっという間に上限に達してしまいます。

それを回避するためにもダウンロード機能はとても役立ちます!

もうひとつダウンロード機能が効果を発揮するのがネットが繋がらない場所です。いわゆる圏外の場所で、具体的には地下や山奥、機内が挙げられます。

最近、機内ではネットが繋がるようになったものの、まだまだ通信速度が遅く動画は視聴できません。そこであらかじめ見たい作品をダウンロードしておけば、機内であっても快適に動画を見れるわけです。

機内では暇ですから、映画を1本ダウンロードして見ていたらあっという間に目的地に到着します!

ペアレンタルコントロール機能

ペアレンタルコントロール機能

Huluにはペアレンタルコントロール機能があり、お子さんの視聴に関して制限できます。

  • キッズの向けの作品だけを表示する
  • 視聴時間に限度を設定できる

プロフィールを複数設定できますが、キッズプロフィール(12歳未満の生年月日のプロフィール)にすることでキッズ向けの作品しか表示されません。これならお子さんにスマホやタブレットを渡しておいても安心。

視聴時間の上限を設けることもでき、動画をたくさん見過ぎないように制限することも可能。時間が近づくと画面上に警告通知され、それ以上は視聴できません。

お子さんをお持ちの方にはとても助かる機能です!

Huluはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  • ウォーキング・デッドを吹替で見たい
  • 他では配信されていない海外ドラマを見たい
  • 日テレの番組(ドラマ)の見逃しを見たい
  • 初めて動画配信サービスに登録する

「ウォーキング・デッド」を吹替で見たい人や日テレの番組が好きな人は登録必須です。

国内外の映画やドラマ、アニメ、韓流など、幅広いラインナップがあるので、初めての動画配信サービス(サブスク)にもおすすめ。

気になったらまずは完全無料でサービスを利用できるお試し期間を利用してみましょう!

お得な2週間の無料トライアルあり!

【参考記事】登録方法と解約方法を徹底解説

dTVのサービス解説

配信状況
(課金)
シーズン1-11
(11の8話までは見放題)
(9〜16話は1話220円)
字幕/吹替シーズン1-2(字幕/吹替)
シーズン3-11(字幕)
月額料金550円(税込み)
お試し期間31日間
サイト内課金あり
作品数12万本以上
画質SD/HD/4K
ダウンロード機能あり

dTVは配信されている作品数が国内最大級で、月々の料金も安いことから利用者がとても多く満足度の高い配信サービスになります。

配信されている作品はすべてが見放題ではなく、課金によってのみ視聴可能な作品もありますが、新作や人気作を含め見たい作品がたくさん揃っているのが特徴です。

利用料金

利用料金

dTVの月額料金は業界最安値のたった550円(税込)です。

この金額で配信されている多くの作品が見放題なのは誰もが安いと感じるはず。しかしdTVは定額見放題ではないため、作品によっては追加の課金が必要になる場合があります。

dTVの作品は2種類
見放題作品:月額料金で見放題
課金作品:月額料金+1作品ごと追加課金

月額料金550円(税込)で見放題なのは「見放題作品」だけ。それ以外の「課金作品」を視聴する場合には、1話(ドラマは1話)ごとに追加で課金が必要になります。

つまり月額料金自体は安いものの、「課金作品」をたくさん見てしまうとそのぶん出費が増えてしまうということです。(1作品だいたい数百円です)

ウォーキング・デッドは基本的に「見放題作品」

「ウォーキング・デッド」の多くのエピソードは「見放題作品」に分類されているため、月額料金だけで見放題です。ただし新作シーズン11のパート2(9〜16話)は「課金作品」なため、月額料金に加えて1話220円での視聴となります。

お試し期間

お試し期間

dTVのお試し期間は31日間あります。

1ヶ月と長い期間が設けられているため、本会員になって月額料金を払うまで思う存分サービスを利用できます。お試し期間はあくまで「お試し」なので完全無料。期間中の解約はいつでも可能です。

ただしお試し期間中であっても「課金作品」に関しては、その作品に対する課金は必要になります。あくまで無料になるのは月額料金の部分だけです。

作品数

作品数

dTVは12万本以上の作品が配信されています。

あらゆるジャンルの作品が揃っていますが、国内作品が特に豊富で、見たい作品はほとんど揃っていると思ってもらってOKです。新作から定番まで品揃えは抜群。

もちろん海外作品もかなり豊富に配信されており、意外と新作をすぐに配信してくれます。ただし新作は「課金作品」に分類されることが多く、しばらくすると「見放題作品」になるという流れです。

「見放題作品」と「課金作品」はその時々で入れ替わることが!今月は「見放題作品」だけど、来月からは「課金作品」ということも!もちろんその逆もあります。

画質

画質

dTVは最高画質が4Kですが、多くの作品はフルHDやSD画質です。

ほかの配信サービスと同様に、スマホやPC、TVで視聴するぶんには充分綺麗な画質ですので、画質の面においてはまったく心配する必要はありません。

ダウンロード機能

ダウンロード機能

dTVにも当然ながらダウンロード機能は実装されています。

あらかじめ見たい作品をダウンロードしておくことで、ネットに繋がらない場所で視聴できたり、データ通信量を消費したくないときに役立ちます。

月々使えるデータ通信量が少ない人には嬉しい機能ですね!

年齢制限機能

ペアレンタルコントロール機能

dTVでも年齢制限を設定でき、dTVで配信されているR指定作品を視聴できなくさせます。この機能があることで、お子さんに動画を見せていても安心です。

dTVはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  • ウォーキング・デッドを吹替で見たい
    (シーズン1と2のみ)
  • 月額料金の安い配信サービスを利用したい
  • ジャンルを問わずさまざまな作品を見たい
  • 初めて動画配信サービスに登録する

dTVの一番の魅力はやはり月額料金の安さで、月々550円(税込)はお得すぎます。それでもって12万作品も視聴できる選択肢があるのはコストパフォーマンスに優れています。

とにかく利用料金を安さにこだわる人や、たくさんの作品を見たい人にはおすすめです。

お得な31日間の無料トライアルあり!

ウォーキング・デッドの吹替をしている声優はだれ?

吹替の声優

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」で吹替をしている声優さんの紹介です。

いったい誰が担当しているのかを名前だけ載せています。どんな人なのか?ほかにどんな吹替を担当しているのか?は名前を検索して調べてみましょう。

リック・グライムス土田大
ダリル・ディクソン小山力也
カール・グライムス岩端卓也
グレン・リー寸石和弘
マギー・グリーン下山田綾華
キャロル長尾歩
ミショーン棟方真梨子
サシャ平井祥恵
エイブラハム・フォード増元拓也
ユージーン・ポーター最上嗣生
ロジータ三木美
タラ森千晃
ガブリエル江藤博樹
モーガン・ジョーンズ最上嗣生
アーロン藤翔平
ニーガン大塚明夫
ジーザス岩城泰司
ドワイト祐仙勇
イーニッド平井祥恵
エゼキエル宮内敦士
グレゴリー仲野裕
ジェイディス夏川朋子
セディク福西勝也

吹替で見るメリット・デメリット

メリット・デメリット

「ウォーキング・デッド」に限りませんが、海外ドラマを字幕ではなくあえて吹替で見るメリットは何でしょう?吹替で見るデメリットはあるのでしょうか?

吹替で見るメリット

吹替で見るメリット
  • 情報量の多さ
  • 映像に集中できる

情報量は明らかに「吹替」のほうが多いです。

理由は、字幕は画面に表示できる文字数に限りがあり、シーンが切り替わる前に視聴者が理解できるようにするため、短縮され多くの情報が削られるから

字幕は話している内容を一字一句載せているのではなく、意訳してなおかつ短い文にしています。つまり本来の情報量よりも少なくしているわけです。

吹替ですと言い回しや言い方は異なるものの、役者の話している内容をそのまま語れるため、必然的に情報量は字幕よりも多くなります。

もうひとつ吹替のメリットは映像に集中できることです。

字幕だと文字を読むのに忙しく映像に集中しづらい。吹替だと耳と目の両方を使えるので、映像に集中できてより内容に入り込めます。

吹替で見るデメリット

吹替で見るデメリット

逆に吹替のデメリットは以下になります。

  • 役者と吹替が合ってない違和感
  • 配信が遅い

実際に演じている役者から想像する声と声優さんの声が合っていないことも多く、見ていて違和感を覚えることも多々あります。

もっと力強い声をしていそうなのに、少し弱い声になっている…。そのあと英語音声で聞いてみると、やっぱり…みたいなことですね。違和感を感じてしまうと、そのあと映像に集中できなくなるのでデメリットと言わざるを得ません。

あと視聴には直接関係ありませんが、どうしても吹替は時間を要するので配信されるまでタイムラグがあり、字幕よりもだいぶ遅れてしまいます

この2つさえ我慢できれば、吹替で見るのもアリだと思いますね!

ウォーキング・デッドの吹替に関するよくある質問

よくある質問
Q
ウォーキング・デッドの吹替を見る方法は?
A

吹替は動画配信サービスのHuluとdTVでのみ配信中です。

Huluはシーズン1から10まで配信されており、dTVはシーズン1と2の配信です。吹替で見るならHulu(フールー)をおすすめします。

Q
新作シーズン11の吹替はどこで見れる?
A

現時点(2023年1月)でシーズン11の吹替を見る方法はありません。

現在、おそらく声優さんが吹替をして編集している最中で、今年中にはHuluで配信開始になる可能性が高いと思われます。

Q
ディズニープラスで吹替は配信される?
A

「ウォーキング・デッド」の配信権利を持っているディズニープラスですが、現在は字幕のみの配信となっており、おそらく今後も吹替が配信されることはないでしょう。

まとめ

ウォーキング・デッド 吹替まとめ

「ウォーキング・デッド」の吹替に焦点をあてて紹介しました。

  • 吹替はHuluとdTVでのみ配信されている
  • Huulはシーズン1から10まで配信中
  • dTVはシーズン1と2が配信中

吹替を視聴するならHuluの一択となります。

dTVはシーズン2までしか配信されておらず、それ以降はHuluで見るか字幕で見るしかありません。最初からシーズン10まで見れるHuluがおすすめです。

新作シーズン11の吹替も今年中に配信される可能性は高いです。

お得な2週間の無料トライアルあり!

【参考記事】登録方法と解約方法を徹底解説

この記事の情報は2023年2月時点のものになります。すでに配信が終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サイトの公式ホームページにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました