2024年|広告

アルファの最期… 誰が彼女に止めを刺した?その背後にいた者とは?

「ウォーキング・デッド」では次々と “悪い集団” が現れ、それらの集団と戦争を繰り返しながら物語は進んでいきますが、シーズン10の後半エピソードで戦争相手になったのは「囁く者たち(ウィスパラーズ)」というグループです。

このグループを率いているのは坊主で冷酷な女性アルファ。仲間に対してはもちろん、自分の娘に対しても非常に冷酷な人間です。

そんな彼女もシーズン10の第12話でついに〇〇〇〇に殺されてしまったわけですが、ネタバレなしで観た人にとってはまさか死ぬとは想像してなかったでしょうし、まさか〇〇〇〇が殺すとは思ってなかったと思います。

今回はアルファが死ぬまでの流れ、誰が殺したのか、その殺した奴の背後にいる人間について書いていきたいと思います。

信頼し始めた奴に裏切られたアルファの最期

アルファは自分を裏切った娘リディアのことを欲してました。

すでに仲間となり、ヒル・トップへの攻撃にも後方から参加していたニーガン。彼女の要望に応えるため、森で偶然にも見かけたリディアを捕まえ、彼女を小屋の中の椅子に縛ります。

ニーガンはアルファに「娘リディアを捕まえ、小屋にいる」ことを伝えます。そして、それを聞いたアルファは娘リディアを殺すため、ニーガンと一緒にその小屋へと向かうのです。

小屋に入る前、アルファはニーガンに感謝します。「ガンマがスパイだ」ということを教えてくれたこともあり、「今回もリディアを自分のために捕まえてくれた」と思い、感謝すると共に完全に信頼していました。

しかし、小屋のドアを開けるも、そこにリディアの姿はありません。

「あれ!?」とアルファがニーガンのほうへ振り返ると、ニーガンは何も言葉を発することなく、ナイフで彼女の喉をかっ切ります。喉からは大量に出血し、喘ぎながらそのまま地面に倒れ、その際にニーガンはそっとキス。

信頼し始めた矢先、アルファはニーガンに裏切られてしまい殺されてしまったのです。

冷酷な人間の最期としては、なんだかあっけなかったと言いますか、まさかこんな形で死ぬとは予想もしませんでしたし、てっきりキャロルが誰かが殺すものだと思っていましたね。

ニーガンの背後にいた人物とは…

アルファを殺したあと、ニーガンは彼女の頭部を切断し、袋に入れて運びます。そして、森で彼は袋から頭部を出して地面に転がし、何者かの足下までその頭部は転がるのです。

次にカメラが映したのはキャロルで、「十分長かったわね」と一言。ニーガンは何も発しませんが、「やってやったぜ」といったような誇らしげな顔をしています。

キャロルの指示により、ニーガンはアレクサンドリアの牢屋から逃げることができ、囁く者たち(ウィスパラーズ)らの仲間になったと見せかけて、実は虎視眈々とアルファの殺害を狙っていたわけです。「長かったわね」というセリフが、キャロルが殺害させるためにニーガンにスパイさせていた何よりの証拠になります。

アルファの殺害が成功し、無事キャロルの目的が達成されました。彼女は息子同然に可愛がっていたヘンリーを殺されてから、ずっと彼女に対して復讐心でいっぱいでした。

これで少しは気持ちが楽になったのでしょうか???

ダリルや他のメンバーは知っていたのか?

結論から言うと、誰も知らなかった可能性があります。

少なくとも、森でリディアを追っている時に偶然出くわしたアーロンに関しては、本気でニーガンを殺そうとしていましたから、知らなかったのは確実。ニーガンも「待て、待て、説明するよ」と言っていました。そして、アーロンが知らないとなれば、おそらく多くの人は知らなかったはずです。

一方、森でリディアがニーガンに出くわした時、リディアは最終的に力で無理やり捕まえられてしまいますが、その前に一瞬だけニーガンに対して笑顔を見せました。これが何を意味しているのか?アレクサンドリアにいた頃、2人は確か仲が良かったと記憶してますので、久々に会えたから出た笑顔だったのか?それとも、作戦を知っていて順調そうだったために、笑顔を見せたのか?

おそらくは、久々に会えたから出た笑顔だったのではないかと思います。

リディアが実の母親を殺す計画を喜んで了承していたとは思えません。前回、アルファとダリル、どちらを救うかでリディアは最終的にダリルを救いました。そして、「母親を殺したのか?」と聞いたダリルに対し、「家族を殺せる?」とった風に答えてました。

なので、いくら憎んでるとは言え、さすがに母親を殺す計画を知り了承していたとは考えにくいですし、そもそもそこまで殺意があるのなら前回いくらでも殺せたわけですから、殺さなかったということはそういうことです。

そして、ダリルは知っていたかどうか?

知らなかったんじゃないかと思います

キャロルはとにかく復讐する気満々でしたけど、ダリルは「復讐よりも未来のために」的な考えでしたし、ダリルはおそらくニーガンのことは信頼していないため、裏切られて自分たちが不利になる、極めてリスクの高い作戦を実行したとはとても思えないからです。

なので、おそらく今回ニーガンをスパイさせ殺害させたのはキャロルの独断行動だったのではと思いますね!

この記事の内容は、12話を観終えた段階で書いたものでして、13話以降では、もしかしたらこの殺害計画の詳細(ダリルが知っていたか?など)が描かれるかもしれません。あくまで12話終了時の段階での話です。

タイトルとURLをコピーしました